ときどき

ドラマチックな事はないごく普通な思い出帳です。

  • 記事数 96
  • 読者 7
  • 昨日のアクセス数 11

そんな感じで71

しおりをはさむ

2016/09/27 02:13:47

  • 2

tako君は急に向きをかえて激しくキスをしながら片方の指をショーツの中に入れてきた。
恥ずかしいけど私はすぐに反応していて既に濡れていた。

『じゅ、やらしい、いっぱい濡れてる』
『どこがいい?』
『いきそう?いけよ』
『もっといこうか』
『舌もっとだして』
『音すごっ』
……普段あんまりtako君は言わないような口調でせめてきました。
何度も気持ちよくなって敏感なその場所をtako君がまた触れる度に『やめて』と言う私に『何言ってるの、まだいけよ』とまで。
『じゅ、舐めて』
もちろん私はtako君にこそ気持ちよくなって欲しくて言われるがまま……
久しぶりの69も、初めて言われた『じゅ、乳首噛んで欲しい』も。
『もう繋がりたい』tako君から言われ重なりあうも……tako君は今夜もいくことが出来ず。

『ごめん、じゅ。やっぱ酒飲んだしダメだな』
って何度も謝るtako君。
私はtako君から求めてもらって嬉しかったから満足してた。

『じゅ、ずっとしたかったでしょ?』
『え〜バレてたん?なんでわかるん?』
『そりゃあ長年一緒いたらわかるわ』

……ピロトークは真っ赤な私の顔で終了〜。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 優しくキスをしてくれて、優しく胸を揉んでくる。服を捲し上...

  2. やすは、優しく頭を撫でながらキスしてくれた。そのまま、ま...

    備忘録

    • 1
    • 0
  1. 晶さんはそのまま私の乳首を舐めながら脚を撫でる手がだんだ...

  2. キスはもっと激しくなりユウスケくんの手は制服の中に入って...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/8 編集部Pick up!!

  1. 夫婦揃って子を作る決心つかない
  2. 金ないアピールする友人に疲れた
  3. 夫が浮気して信用が無くなった

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3