First Love〜バイオリン少女の初恋〜

バイオリン一筋だった私が高校生になり恋をしました…

  • 記事数 210
  • 読者 247
  • 昨日のアクセス数 76

マサ、慌てる

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/09/27 00:21:18

  • 57
  • 0

マサは、『へー、バイオリンの先生?』

とのんきに答える。

ミ『違うよ、あずさ先輩に誘われて居酒屋。

昼は練習しなきゃだから、深夜に』


マ『え?そんなのお母さんが許さないでしょ?』

ミ『社会勉強しなさいってOKしてくれた(嘘)』

マ『え、そ、そうなの?』

と、その後はどこの店?何時まで??

帰り大丈夫なの??

などなど質問攻め。

ちょっと可哀想になり

『まあまだ面接受けてないから、

落ちるかもしれないし』と言うと

ちょっとホッとした顔。

私みたいな世間知らずが受かると思えない…

という顔をしていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 帰ってあずさ先輩に報告!今度は褒めてもらえた!(笑)...

  2. 本当にしっかり勉強。2時間きっちりやって、「そろそろ塾に...

  1. マサが続ける…マ「俺…、女の子と話すの苦手で、なんて...

  2. シュン君にお礼を言って、学生会館の裏口に入ろうとしたら…...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/25 編集部Pick up!!

  1. 会費制の披露宴 金額に驚いた
  2. 高価なアクセを貰い手が震える
  3. 知り合いの犯罪行為を目撃した

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3