【SSS】シオの道草ブログ

☆シオ短編集☆【悠の詩】執筆再開。変わらずノロノロですみません(>_<)

  • 記事数 1412
  • 読者 117
  • 昨日のアクセス数 429

漆黒の王女.86

しおりをはさむ

2016/09/27 09:23:27

  • 7
  • 0

『その時、旦那は外出中でね。帰ってきたら、この頼まれ事を快く受け入れてくれるだろうか、不安だった。

ところが、そんな事なんてすっ飛ぶくらい、旦那はとんでもないものを連れて帰ってきた。

森に捨てられた赤ちゃん。

まだへその緒がついていて、本当に生まれたばかりのようだった。

森のやつらの餌になんかさせられない、なあ、ここで育ててもいいか。

急いできれいなお湯で洗って布にくるんで、お妃さまの連れてきた子と並べた。

ここでやっと旦那は、もうひとりの赤ちゃんの存在を知っておったまげてね(笑)

あたし達がここでこの子達を育てる運命なんだろうと、、、二つの命を大切にしていこうと決めたんだ。

それがさっき話した、二人の息子だよ。

二人ともよく育ってくれた、、、血の繋がりはないが、自慢の息子だよ。もういい大人だがね。

城に勤めに出た方は、本当は禁止されているのに、あたしの身を案じて時々抜け道を通って帰って来てくれる。

もうひとりのでかい方は、さっきも言ったが、亡くなった旦那の後を継いで仕入れだなんだしてくれる。



最近、、、城で改修工事が始まるとかで、、、でかい方も城へ行く事が多くなってね。

さっきも、城に届け物があるって言って、家にも入らないでそのまま行ってしまったんだ。

その後でひどい降りが来て、、、戻ったのかと思ったら、あんただったってわけだ』


「そう、なんですね」


言いながら、僕はおばあさんに知られぬように仮説を立てる。

僕の家の軒先で見た大きな靴跡。もしあれがおばあさんの息子のものだったなら。

ルニアに現れた、シーナを知っているかもしれないという大男。もしそれがおばあさんの息子だったとしたら。

ねえさんの手紙を持っていて、丸めて僕の家の中に投げ捨てた。もしそれがおばあさんの息子だったとしたら。

息子は城から頼まれて、シーナをずっと捜していたんだろうか。

それでやっと見つけて、連れていってしまったのか。

そうだとしても、シーナが僕に黙って家からいなくなったっていうのが、どうしても解せなかった。

だから、手荒な方法で連れ去られたと、、、そんな結論しか、僕には出せないんだ。



訳が分からない。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 旦那に対して腹が立って言い合いになった。きっかけは土曜...

  2. 『やがて、、、お妃さまが身籠った。待ち望んだ漆黒城の後継ぎ。...

  1. 外で嗅ぎつけた匂いは、このスープだった。内臓の至るところに沁...

  2. モラハラ元旦那兼父親からの暴言で、母子三人、傷んだ羽を休め...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/26 編集部Pick up!!

  1. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  2. 不倫相手と関係切れていなかった
  3. 友人の結婚式に呼ばれず仲間外れ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3