XOXO〜あの時の気持ち〜

運命的な出会いをしたバンドマンの彼との思い出を書かせてもらいます♡ちょっぴりH♡

  • 記事数 60
  • 読者 59
  • 昨日のアクセス数 30

最後まで?

しおりをはさむ

2016/09/26 16:37:26

  • 10
  • 0

エイタくんは私の唇から離れ、
更に激しく私の中をかき混ぜる。

私の中に指を2本入れたまま、
クリトリスをピチャピチャと舐め始めた。

「あっ!!..あんっ...あんっ
エイタくん...恥ずかしいから...ダメ」
足を閉じようとする私の足を広げ少年のように笑うエイタくん。
「こんなに濡れてるのに?
可愛すぎるから止めない!」

「あんっ、、あ、、はぁ、、」
気持ちよすぎて頭が真っ白になってしまった。エイタくんに言われるがまま、身を任せていたら今までにないくらい感じてしまった。

もう入れて欲しい、、
そんな恥ずかしいこと言えないけど。

するとエイタくんが、カチャカチャとベルトを外した。
いよいよこれからと言うところで、
「あっっっ!ゴム忘れた、、!!」
大絶叫のエイタくん。笑

そうなんです。
せっかくのいいところで止めちゃいました。笑
エイタくんはコンビニに買いに行くと言ったんですが、大雪だから止めました。

私だけ気持ちいいのは申し訳ないと思って、エイタくんのを口ですると言ったんですが、楽しみは後でにとっておくと聞かず、、
結局この日はここまでで腕枕をしながら眠りにつきました。

次回会うのが楽しみだ♡

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 思い出話18

    2016/01/04

    私の足元に移動すると、ジンさんは足を開いた。ジンさんの目の前...

  2. 攻撃が下の方へ\(//∇//)\でも、アソコはお預け.....

  • このページのトップへ

    GIRL’S TALKにログインする

    Ameba新規登録(無料)はこちら

    9/25 編集部Pick up!!

    1. ママ友の発言にドン引きした
    2. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
    3. 子連れに謝罪され感じたこと

    人気ブログ記事ランキング

    1. 1

    2. 2

    3. 3