再会から7年の物語

私が⁉ 妻なのに好きな人が出来ました。

  • 記事数 133
  • 読者 238
  • 昨日のアクセス数 367

価値観の差

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/09/27 10:49:20

  • 24
  • 0

「ミナはなんでそんなに高い靴履くの?(笑)」

「小さいから(笑)」

「小さいから?」

「そう!瞬と釣り合わないでしょ?(笑)」

「そんな事ないょ!(笑)小さくて可愛いよ!」

「イヤなの…………30㌢も違うんだよ!」

「30㌢違ってもなんでも可愛いからいいよ~(笑)」

「可愛いとかの問題じゃないの!コンプレックス!」

「ヒールで痛くなったら楽しくないでしょ?!」

「慣れたら大丈夫だし!」

「オレはスニーカーでいいよ!……スニーカーだと
オレの肘がちょーどミナのパイパイにあたるから
スニーカーが良い〰〰〰〰い〰〰(笑)」

そんな理由?

「まぁ〰長く歩くときはスニーカーにして食事
とかはヒールで良いよー!ね!(笑)‼」

「うん……」

スカートもパンツも
やっぱり背が高い方が
カッコいい!
小さいって損だよなぁー

「見せてみ!……」

かかとを
瞬に見せた

「ほらー!大人しいと思ったら!靴擦れしてるよ!
…痛そうだな……車に戻ろう」

途中でバンドエイドを
買って車へ

「後ろに乗って!貼ってあげる‼」

私は素直にヒールと
ストッキングを脱いで
瞬に足首を見せた

「こんなになって‼痛いでしょ?!」

「うん……」

「まったく‼オレは気にしないけどミナが気にする
なら仕方ない!けど……歩くデートできなくなるよ!
身長差がオレは好き!……無理しないで……」

「はぃ……」

「よし!じゃぁースニーカーに履き替えて!
デートの続きしょー(笑)」

瞬は新宿まで
車を走らせた

「ここ見よう!」

瞬は靴屋さんに入った

「コレは?……あとコレは?
ミナはどう?」

「可愛いね!(笑)」

「履いてみ!」

……

履いてみた
可愛い!

「良いねぇー!履き替えちゃいなよ(笑)」

「うん……」

「他のが良い?」

「違うの……ちょっと高いょ…………」

「お金?(笑)……大丈夫だよ!」

瞬はお会計を
済ませて

「はい!次は~あそこ!」

「ん?」

スポーツ用品店

「オレここの靴…………あっほら!コレ好き(笑)
コレどう?」

「可愛いね!(笑)」

「履いて‼」

「うん……………どう?」

「ミナは気に入った?」

「うん……可愛い(笑)……」

「コレにしよう!(笑)」

瞬はお会計を済ませた

「ねぇー、瞬!」

「んー?」

「昨日からお金使いっぱなしだよ!なんか悪いよ……」

「良いのー!その為に頑張って働いてるんだから(笑)」

「そんな事ないでしょ〰💦気ー使っちゃう.」

「そうなの?!そんな事言われた事ないよ(笑)」

「何か買ってくれたりとかは記念日とかにしよう
よ!旅行とかはフタリで貯めて行こうよ(笑)」

「気を使うなよ!(笑)」

「そーじゃなくて、私がイヤなの……一緒に、なん
だろう……上手く言えないけど……協力?んー……
一緒にちゃんと行きたい!💦」

「んー(笑)よく分からないけど……そうする?(笑)
でもプレゼントはさせてよ!ね!(笑)」

「私はそんなにプレゼント出来ないょ……」

「プレゼントしてほしくてプレゼントしてる訳じゃ
ないから(笑)……ね!(笑)」

瞬と出逢ってから
いろいろなモノを
プレゼントしてもらってる
慣れてないから
何かお返ししないと……
って思っちゃって
気を使う
そう言う甘え方
私は経験がないから
わからない……

「まだそんな顔して(笑)……話そ!」

裏道のオープンカフェに
入った

「さぁー!話て!(笑)」

「あのね……もらってばっかりはイヤなの……でも
私は瞬にいろいろ買ってあげれないし、貰うのって
慣れてないから……毎回こんなに買ってもらってた
ら……ありがとう!って気持ちが薄れちゃう」

「なるほどね…………ミナの気持ちはわかった!
オレはね…………フタリで話ながら決めたものを
逢えない時も使ってくれてたら嬉しいって思って
ミナにプレゼントしてた!」

「うん」

「だから、お互いに納得がいくようにするには…………
たまに!にする!どう?(笑)」

「わかった!たまにプレゼントして(笑)……今回の
ホテル代は…………いくらだった?」

「次回からにしよう(笑)」

「ダメだよ!シャンパンだって高かったでしょ?」

「そうでもない!」

「だって3万って!!」

「あれは嘘!(笑)」

「嘘?!なんで嘘ついたの?💦」

「あー言わないと呑まなかったでしょ?(笑)酔わせ
たかったの!(笑)……」

「もう!高いからもったいないって言う主婦の気持ち
を!バカ!💦」

「ごめん(笑)……いろいろなミナを知りたいの!(笑)
価値観の違いってあると思うけど……話して解決
していこう!(笑)」

「瞬!価値観を同じにしようなんて思ってないの……
ただ瞬の価値観はちゃんと分かっていたい!差は
どうしても出てくると思うから!価値観を知ってる
って事に意味があるかな?って…………」

「わかったよ(笑)……いっぱい話しよっ(笑)」

「ありがとう(笑)」

無くしたくない
ちゃんと話て
私を知ってもらおう

…………

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/6 編集部Pick up!!

  1. 霊感強い女性が病院で見たもの
  2. 1歳娘が左利き 矯正するか悩む訳
  3. いきなりキスされイケメン不信に

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3