ブログランキング25

ジンさんのセックス~時々 妄想

昔のエロ話書いてます!妄想あり。あの人と再会したら?官能&恋愛小説も書いてます!

  • 記事数 1368
  • 読者 2174
  • 昨日のアクセス数 15665

小説)虎45

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/09/25 17:58:14

  • 116
  • 0

「今日さ……雪の傷を見たんだ…」
風呂上がりにソファでまったりする。
「翔が気にするかなって…雪が言うんだ……」
「そっか……そうだろうね…」
「やっぱり女は気になるもんか?」
俺の肩に頭をのせる蘭子。
「そりゃそうでしょ……いつでもきれいな自分を見て欲しいんじゃないかな?」
俺は蘭子の顔を覗きこむ。
「何?」
「お前も……そう?」
「……一応…」
俺から目を反らす蘭子。その頭を自分の胸におさめた。
「俺はどんなお前でもいいなぁ……見た目が変わっても中身は蘭子だろうし……」
「……そうだね……私もどんなヤスでもいいなぁ…」
蘭子の手が俺の首に絡んだ。バチリと目が合う。

「あー蘭子ちゃんやらせてー!」
「こら!まだ話し中!」
「無理!待てない!」
蘭子の体をソファに押し倒す。
「ダメ?いや?」
上から見る蘭子の顔がちょっとだけ赤い。
「いや……じゃない…」
蘭子の言葉が終わるか終わらないかで、唇を奪う。軽く口づけて、すぐに深く味わう。差し込まれた俺の舌に絡まる蘭子の舌。最近はこうやって、俺に応えてくれるようになった蘭子。

「ヤス……ベットがいい…」
「ああ……」
蘭子を抱き上げて、ベットへ下ろす。
「蘭子…脱いで……」
蘭子の手がネグリジェのボタンを外していく。何度見ても、堪らない淫らな光景。それを見ながら俺もすべてを脱いだ。
「蘭子……」
その体に覆い被さる。
「ん…ヤス……」
少しだけ甘い声。
「かわいい蘭子……」
俺は蘭子をむしゃぶりはじめた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「は…ぁ…ん…」 聞こえる雪の甘い声。雪の腕が首に絡...

  2. ジーパンに手をかけた。俺の腕を掴む蘭子の手に力が入る。 ...

  1. 俺の舌が蘭子を求め、蘭子の舌が俺を求める。お互いの体を撫で回...

  2. 蘭子を抱き上げた。そのままベットルームヘ。キングサイズのベッ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/7 編集部Pick up!!

  1. 親に反対され仕事を辞める45歳
  2. 整形手術を良く思わない理由は
  3. 博多の暴走事故は殺人だと思う

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3