ブログランキング27

ジンさんのセックス~時々 妄想

昔のエロ話書いてます!妄想あり。あの人と再会したら?官能&恋愛小説も書いてます!

  • 記事数 1529
  • 読者 2293
  • 昨日のアクセス数 11906

小説)虎42

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/09/25 16:06:12

  • 94
  • 0

「翔!」
ガラスの窓の前、じっと立っている翔。俺をチラリと見ると、すぐにガラスの奥を見る。
「おい、雪は?!」
「……手術終わった……2、3日が峠だって……なんでだろうな……なんで雪が……」
「翔……」
翔の体が床に崩れた。
「あいつ…俺をかばったんだ……俺なんかのために……」
翔の泣き顔。
「お前に惚れてるからだろ?だから……ああやって頑張ってる…」
翔が立ち上がり、ガラスの向こうの雪を見つめた。
「お前の気持ちは俺にはわかんねーでもな…お前のするべきことはここで泣いてることじゃねーだろ?側にいてやれよ……」
翔の肩に手を置いた。
「ああ……そうだな…」
袖で涙をぬぐい、翔はガラスの向こうに入っていった。

沢山の管に繋がれた雪の顔を撫でる。その手を握り何かを話しているようだった。

二人の方がいいか……

俺はその場を後にした。車に乗って、蘭子に電話をした。

「もしもし?ヤス?」
「ああ……変わりないか?」
「うん…蓮が来てくれてる…」
蓮は俺と蘭子のことが決まってから、俺の右腕になった。若いが常に冷静沈着。信頼できる男だった。
「そうか……そこにいるか?」
「ううん…駐車場にいるから、何かあったら連絡することになってる」
「そうか……」
「雪ちゃんは?」
「ああ……2、3日が峠だって……翔がついてる」
「そう……ヤスはどうする?」
「俺は…………帰るよ」
「うん……待ってるね…」
俺は蓮に電話をした。
「今日は、ありがとな……家にあがっても良かったんだぜ?」
「いや……それはもう出来ませんよ…」
「そうか…ありがとな……今から帰るから」
「わかりました、では俺も帰らせて頂きます」
「なぁ…蓮」
「はい?」
「いや……なんでもねー」
「では、失礼します」
俺は蘭子の待つ家へと急いだ。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 翌朝、翔からの電話で目が覚めた。急いで翔の自宅マンションに向...

  2. 翌日、朝から晴天だった。不思議と背中の痛みは消えていた。あん...

  1. それから数日後、何も知らない雪が翔とともに俺の本宅へ。予定通...

  2. ・…翔:「ぶっ(笑)なんで顔してんだよ」翔ちゃ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/23 編集部Pick up!!

  1. 給料を聞いてくる友人がストレス
  2. 車庫の前で井戸端会議され困る
  3. 3歳息子「異常扱い」され悲しい

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3