First Love〜バイオリン少女の初恋〜

バイオリン一筋だった私が高校生になり恋をしました…

  • 記事数 210
  • 読者 241
  • 昨日のアクセス数 64

テーマ:小説 > 恋愛

2016/09/25 09:31:59

  • 24
  • 0

モヤモヤしていたけど、マサには言えなかった。

面倒くさい女だと思われたくなかったから。

私も時々、マサのバイト先に友達と行き、『彼女います

アピール』をした。


マイちゃんはすっごくお愛想の良い子だったけど、私には

無視!目も合わせない。


あちらの対抗心も相当だった。


バイト仲間のバーベキューやボーリング大会では

マサの隣にいつもマイちゃん。

とびっきりの笑顔でピースし、mixiにアップしていた。


mixiは『足跡』機能があるから私がマイちゃんのページに

行けばすぐにバレる。


私は、マイちゃんのページを見るために、別アカを作り

mixi上でマイちゃんの友達になった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 私はエッチが嫌いだった。ただ裸で抱き合うのは好きだったけ...

  2. マサと会った。マサが給料明細を見せてくれる。『俺、こ...

  1. 『そんな交換条件、要らない。女の子と飲み会に行けば良いよ...

  2. そしてお弁当を食べ終わると、マサが「ミユ、またあそこ行か...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/1 編集部Pick up!!

  1. 家庭訪問で逃げるように帰る教諭
  2. 幼稚園の親子遠足 金額に驚いた
  3. 両親は不倫の末の略奪婚だった

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3