guilty lovers

梨沙子と裕紀のお話。

  • 記事数 374
  • 読者 603
  • 昨日のアクセス数 421

テーマ:小説 > 男女関係

2016/09/24 22:31:37

  • 56
  • 0

俺は課長の質問を頭のなかで
3回復唱したが、
何と答えるのが正解か分からなかった。


とりあえず否定はしたものの、
今自分がどんな顔をしているのか
ちゃんといつも通りなのか、
分からなかった。


暑くて汗をかいているのか、
緊張してかいているのか、
分からなかった。


課長に促されるまま、
俺は課長と一緒に総務部長の
部屋に向かった。


歩きながら、
バクバクしている心臓を
治めるのに必死だった。


俺がここでボロを出すわけにはいかない。
梨紗を守らなければ…。


梨紗を、守る。


そう思った瞬間、
いつもの冷静さを取り戻せた。


俺はいつもの、梨紗に無愛想と言われた
仕事モードの顔に切り替えて、
部長室のドアをノックした。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 少し、こそばゆい気分だったけど速水課長からの『おはよう』...

  2. ご飯を食べている時の会話は100%仕事の話。80%が上...

  1. 逃げ?④

    2014/05/05

    きつくハグされたまま、私はどうしたらいいかわからずア...

  2. kiss

    06/27

    混浴に向かうため、タオルなどを用意をしていた。最後に部屋...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/24 編集部Pick up!!

  1. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 「17歳下の妹」が大好きな彼氏

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3