guilty lovers

梨沙子と裕紀のお話。

  • 記事数 374
  • 読者 605
  • 昨日のアクセス数 2600

テーマ:小説 > 男女関係

2016/09/24 22:31:37

  • 56
  • 0

俺は課長の質問を頭のなかで
3回復唱したが、
何と答えるのが正解か分からなかった。


とりあえず否定はしたものの、
今自分がどんな顔をしているのか
ちゃんといつも通りなのか、
分からなかった。


暑くて汗をかいているのか、
緊張してかいているのか、
分からなかった。


課長に促されるまま、
俺は課長と一緒に総務部長の
部屋に向かった。


歩きながら、
バクバクしている心臓を
治めるのに必死だった。


俺がここでボロを出すわけにはいかない。
梨紗を守らなければ…。


梨紗を、守る。


そう思った瞬間、
いつもの冷静さを取り戻せた。


俺はいつもの、梨紗に無愛想と言われた
仕事モードの顔に切り替えて、
部長室のドアをノックした。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. なんとなーく、そんな自信がわいてきたww最近マネー...

  2. 悪夢でうなされて目覚めた。嫌な汗をかいて心臓がバクバク...

  1. 速水課長とふたりきり、第二倉庫の前。笑顔からの→いつもの...

  2. A『七瀬だよね』七瀬『はい。そうです。はじめまして。』←...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/24 編集部Pick up!!

  1. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  2. 夫に1歳娘の面倒を任せた結果
  3. 夫が「嫁は一番下の立場」宣言

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3