ブログランキング19

ジンさんのセックス~時々 妄想

昔のエロ話書いてます!妄想あり。あの人と再会したら?官能&恋愛小説も書いてます!

  • 記事数 1365
  • 読者 2167
  • 昨日のアクセス数 23899

小説)虎37

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/09/24 22:29:42

  • 118
  • 0

「そのまま、腰を落としてみ…」
「や…そんなの……無理…」
顔を左右に振る蘭子。蘭子の胸を両手で包む。左右ともの突起を指で揉む。
「は…ぁ…」
「かわいい…蘭子……」
「ん…ぁ…熱い……」
蘭子の腰が少しだけ動いた。
「俺もだよ、蘭子……」
蘭子の腰を掴む。
「今日は俺が入れてやる…」
「え…あ!」
強引に蘭子の腰を下へ落とした。充分濡れているソコは俺をゆっくり受け入れていく。蘭子の手が俺の肩を掴む。
「すげーな……ヌルヌル…」
「あ…は…ぁぁ…」
不意に蘭子の手の力が抜けた。ジュブっとした感触。俺のものは、蘭子の中にピッタリと入った。
「たまんねーお前ん中……くっ…そんなに締めるな…」
俺のものを認識した蘭子の中は、それから放出される何かを待っているように、ヒクヒクとしている。

「ほんとはお前に動いて欲しいけど……今日はもう待てねーからな…」
蘭子の腰を持ったまま、下から突き上げた。
「はん!ああ!いっぱい!も…無理!」
「まだだぜ?俺はいってねーだろ?」
蘭子の腰を上下に動かすのと同時に、それに合わせて、自分の腰を動かす。俺の肩を掴み、爪を立て、俺の好きなようにされる蘭子。バスルームに響く蘭子の声にならない声。

「蘭子…たまんねー……すぐいきそうだ…」
蘭子の胸に顔を埋める。俺のすべてを包み込む柔らかな胸。そこにある突起を口に含む。舌でチロチロと舐め優しく吸い付く。蘭子の声が一層大きくなった。蘭子の手が俺の頭を強く抱いた。

「く…蘭子……蘭子……ぁぁ…くっ…」
「は!ああ!」
蘭子の体から力が抜けた。俺にグッタリともたれた。俺の欲望はまだ蘭子の中で、出続けた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/5 編集部Pick up!!

  1. 年末年始に休み貰って激怒された
  2. 奨学金利用したら親として失格か
  3. ボーナス 夏100万円 冬40万円

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3