コウ☆のんびりと♪

日常のことやお話を書いてます…只今、お話執筆中♪

  • 記事数 2550
  • 読者 140
  • 昨日のアクセス数 1848

好きになっても良いですか?チヒロの場合~epilogue2~

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 短編

2016/09/25 20:37:55

  • 10
  • 0

………










私は久遠の顔を見て



「サトシさん?
おにぎり先に食べる?」


「うーん…まだイイ。」


私はシートベルを締めた



それを確認して

久遠はゆっくりと
車を発進させた…



「何処に行くの?」


「それは着いてからのお楽しみだろ?」


「ケチ!」


行き先を言ってくれないから

私は頬を膨らませた


運転してるから
久遠は私の方をいっさい見ない…



流石に昨日ちゃんと
眠れなかったからか

ウトウトしては

目を開けていたチヒロ



「チヒロ?」


「ん?」


「寝てないのか?」


「うん…」


「寝てていいよ?」


あ、そう言えば
ガム持ってきたんだ!!


バッグから私は取り出した


「サトシさん?ガムいる?」


「うん…口の中に入れてくれ。」


えっ?


私はガムの包みを開けて


「サトシさん?」


声をかけると

口を開いたので
ガムを入れた


私も眠気を覚ますために
ガムを噛む…


それでも…眠気は
おさまらない…



気がついたら、
また私は眠りの中へ…



夢を見ていた…

サトシさんと
手を繋いでデートしている♡



ここは…海?!



夢の中で声をかけられた



「ヒロ、チヒロ?」


揺さぶられた…


夢じゃない…

現実のサトシさんだ…



「ん?着いた?」


「違う…パーキング。
トイレ行っておいた方が
いいよ?」


車を降りた…

何処だかわからない…


2人で
トイレに向かった


男女で別れて

私がトイレから
出て行くと


久遠は待ってた…



「何かいる?」


「お茶なら
持ってきたけど?」


「そっちは後で飲む。
俺、コーヒー買うけど?
チヒロは?」


「うーん…スポドリ。」


自販機で買ってくれた


車に戻って
シートに座る



「サトシさん?そろそろ
行き先を…」


「その前におにぎり」



えっ?
おにぎりとコーヒー
あわないでしょ?

私は言われるがまま
おにぎりを出した



「おっ!サンキュ。」


ラップを開いて
久遠は食べ始めた



「美味い!!」



「本当?良かったぁ…
で、先生行き先は?」


「あ!名前で読んでない…」


「間違えるよ…」


「着けばわかる!」


「もう…何で教えてくれないの?」



ブツブツ言ってると



「何言ってるんだ?」



久遠はコーヒーを飲みながら
私を見た



「もう、イイ!
着くまで我慢する!」


「怒ってるのか?」


「怒ってない!」


「チヒロ?」


久遠の顔が目の間に
現れたかと思ったら


キス…


ほんのりコーヒーの味のキス…




また誤魔化されてる

チヒロは思った…


ゆっくりと
車が発進した…



行き先は…
まだわからないけど…


それを楽しみに…♡











『好きになっても良いですか?チヒロの場合』第一部
                   ~♡END♡~




………

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. コーヒーを飲む姿はやっぱり大人だ。私はコーヒーがまだ美味し...

  2. ………車を駐車すると久遠がこっち...

  1. ………海に行くなら眩しいからサン...

  2. キモチいいSEXしてからデートしよローター入れ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/11 編集部Pick up!!

  1. 寒いと言うならお洒落を我慢しろ
  2. 同棲中の彼と2週間離れるの怖い
  3. 新婚なのに「老夫婦みたい」

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3