ブログランキング98

コウ☆のんびりと♪

日常のことやお話を書いてます…ショートストーリー執筆中♪

  • 記事数 2515
  • 読者 139
  • 昨日のアクセス数 2644

好きになっても良いですか?チヒロの場合㊾

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 短編

2016/09/25 09:51:10

  • 9
  • 0

………










久遠と私は



誰も居ない



公園のベンチに座って


少しだけ話をした…



久遠が時計を見る



「まずいな…11時なる…
お前、何て言って出てきたの?」



「コンビニに行って来るって
言ってきたよ?」



公園の少し先には
本当にコンビニがある



「じゃあ、コンビニで
買い物しないとな?」



手を繋ぎたいけど、
誰と会うかわからないから


普通に隣を歩いて

コンビニへ



私は好きなアイスと
ペットボトルを取って

レジに並ぼうとしたら



「俺が買う…」


そう言って
久遠はレジに向かい
買ってくれた…


「はい。」


久遠から
レジ袋を渡されて



「…ありがとう。」


私はお礼を言った



「家の前まで送るよ?」



そう言われて
久遠と家の方へ向かって
歩き出す



「そう言えば、土曜
何処行きたい?」



「う~ん…」



「少し遠出しても
大丈夫か?」



「うん!大丈夫!」



「なら、行き先は
当日だな。」



私は足が止まった




「えっ?今、教えてくれないの?」



久遠も足を止めた



「女の子はサプライズが
好きなんだろ?」




「えっ?サトシさんでも
そんなこと出来るんだ?」




「チヒロ…お前、
俺を何だと思ってるだ?」




「空気が読めなくて
女心もわからない…ただの教師!」




ブッ…



うけてるらしい…



久遠がお腹を抱えて
笑ってる…



「えっ?私そんな
変なこと言った?」



「お前の…その
想像力が凄すぎて…ククっ…」




まだ笑いが止まらない久遠




「酷いっ!!」



私は何もおかしくないのに
久遠のツボにはハマってしまったらしい



私は先に歩き出した…



「おい!チヒロ待てよ?」



久遠に呼び止められても
私はそのまま歩く…



「ずっと…笑ってれば?」



振り返りながら言うと



腕をがっちり捕まえられた




「やっ!」



「危ないだろ?
夜遅いんだから。」



遅くに外に連れ出したのは
誰だよ…




「お前…俺のこと
振り回し過ぎ…」



そう言って…
抱き寄せられて



キスを…



ズルい…よ…


…ズルい




でも…好き…















………

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/4 編集部Pick up!!

  1. 彼30代がケチで結婚指輪が1万円
  2. 未婚に祝ってほしい新婚女性
  3. 夫のボーナス三桁って当たり前

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3