シホとのんちゃん。

掴み所のないのんちゃんに振り回される毎日…でもHappy*

  • 記事数 224
  • 読者 496
  • 昨日のアクセス数 499

楽園、8

しおりをはさむ

2016/09/24 01:39:04

  • 50

テーマの通りです。
お気を付け下さい。








のんちゃんも全裸のまま、隣のベッドに座る。

2人で横並びで、窓の方を向いている。

「じゃ、始めるね。」

のんちゃんが自分の右手でしごき始めた。
あ…ヤバイ、すごくエロい…。

「はぁ…シホちゃんも…早く。」

「うん…」

片足をソファーの肘かけにのせ、外に向けて見せつける。
どうしよう…見られてるかも…しかもこんな変態プレイ…。
そして夜景が映る窓はシホの姿も映した。
あられもない姿…恥ずかしい。
でも、濡れてきちゃう。

まずはクリに指を這わせる。

「ん…!」

思ったより膨らんでる…。

そして既にビショビショ。

たまらなくなって、左手で乳首を弄りながらクリを擦る。

「はぁんっ…あぁっ…」

外に向けてこんな姿見せつけてる…いやらしい。

「シホちゃん…エロいね…はぁ…いいよ…」

のんちゃんが先っぽをしごきながらシホを見てる。
すごい…なんて恥ずかしいことしてるんだろう。

「のんちゃあん…気持ちいいの…どうしよ…はぁっ…恥ずかしいのにー…」

「うん、シホちゃん、すごく恥ずかしい格好してる。
見えちゃってるかもね、そのビショビショなとこ。」

「いやだぁ…恥ずかしいよぉ…」

「でもやめられないんでしょ。
指の動き、すごいもん…」

「やだ、言わないで…止められないんだもん...気持ちいいのっ…」

「はぁっ…あー…」

のんちゃんもたまらなくなってきたのか、四つん這いになり始めた。
お尻の穴を弄りながら、前をしごいてる。
ほんとうに変態♡

シホも中に指を入れてはまたクリを擦り、自分を弄ぶ。

「はぁっ、あぁっ…」

「あー…ああんっ…」

2人の喘ぎ声が部屋に響く。

「あっ、あっ…のんちゃん…シホイッちゃいそう…
イクとこ見て…」

「はぁ…いいよ…」

「んっ、はぁっ…はぁっ…」

波が登りつめる…

「あっ、イクー!!
あぁぁぁんっ」

あまりの刺激に体を仰け反らせてしまった。

ソファーにぐったり倒れ込むと、いつの間にかゴムを装着したのんちゃんが、後ろからシホの中に入ってくる。

「はぁっ…イッたばっかなのにっ…だめっ…」

「シホちゃんの中でイキたい…」

シホの腰を持ち、力強く打ち付けてくる。
こんなに奥まで…。

「はっ、あぁっ、またイッちゃうよぉ…あーっ!!」

「あぁ、俺も…もうだめだっ…うぅっ…」

2人で同時にイって、あまりの刺激の余韻にしばらく立ち上がれなかった。

同じテーマの記事

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/4 編集部Pick up!!

  1. 結婚式に乳児を連れて行くか悩む
  2. 奨学金利用したら親として失格か
  3. 礼服を着て出社しようとする夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3