再会から7年の物語

私が⁉ 妻なのに好きな人が出来ました。

  • 記事数 161
  • 読者 263
  • 昨日のアクセス数 74

お酒に弱いのです

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/09/23 08:48:57

  • 25
  • 0

「はぁーっ!あついねぇー(笑)」

「ミナは感じてたから~あついの!(笑)」

私はバスルームで
下着と膝たけの
キャミソールに
着替えていた

「だと思うよ!慣れた人が相手だから私も大変!」

話ながら部屋に行くと
瞬は背中を向けて何やらしている



「慣れてないからねぇー!」

「どーだか?!」

冷蔵庫からお水を出して
飲もうとしたら

「ちょっと待って‼コレ!飲もうよ!」

「ん?…………シャンパン?💦💦」

シャンパンをあけてたのかぁ……(笑)

「うん!ホテルのだけどね!」

「えーっ!酔っちゃうよ(笑)」

瞬は一つのグラスに
シャンパンを
そそいで

「ちょっとだけなら……大丈夫!(笑)」

そう言うと
シャンパンを
口にふくみ
私の後頭部を
押さえて
口移しで呑ませた

!!!

「ちょっとー!バカなの?……こぼれた~!」

「シミになる?」

「それは大丈夫だと思うけど……」

私は髪に巻いていた
タオルでキャミソールを
拭いて

「酔わせないでー!弱いんだから(笑)」

話ながら見上げると
瞬はまた私の
肩を抱き寄せて
シャンパンを
口移しした

「!!!もう!」

「じゃぁー自分で呑んでー(笑)」

グラスのシャンパンを
飲み干して
また、グラスにシャンパンを
入れて
私に手渡した

「呑まなきゃだめ?」

「ダメ!1本3万もするんだから!」

「ホントに?…………💦💦もったいない💦💦」

「だから、呑んで」

瞬は自分のグラスにも
シャンパンを入れて

「かんぱーぃ!(笑)」

「か、乾杯…………💦💦」

ちょっと口に入れただけで
鼻から抜ける
アルコールに
酔いそうになる
瞬は中華街で買った
栗を剥いて

「食べる?」

「栗(笑)美味しいよねぇー(笑)」

瞬は5つくらい剥いてくれて

「手が汚れるね💦💦洗ってくる‼」

バスルームへ

栗美味しい!
シャンパンも
美味しいんだー
ゆっくり呑めば
大丈夫かも…………

「シャンパン!気に入った?(笑)」

「うん!美味しい(笑)」

「ゆっくりね!(笑)ミナ弱いんだから(笑)」

「ありがとう!」

化粧水をつけたり
服を整理しながら
瞬とおしゃべりして
お酒を呑んでいた

「夜景も綺麗だし……幸せ(笑)」


アレ?
フラフラ~ってしますが……?
何か?

「瞬…………酔ってきた…………(笑)楽し〰〰(笑)」

「(笑)楽しいけど…………終わり!…………」

「ん?」

「酔って具合が悪くなったら困る‼」

「確かに〰〰〰〰〰〰〰〰(笑)」

「グラスちょうだい!」

「はぃ!どーぞ(笑)」

サワー一杯で
酔える私
良い感じに
フワフワしてる

「ミナ……」

窓際にいる私に
キスをした……
イヤじゃない

「楽しい?」

「うん!楽しい(笑)」

瞬は窓枠に私を
座らせた
窓枠の冷たい感じが
酔っている私には
気持ちいい

「ココに足のせて‼」

窓際には
丸い机と
椅子が2脚

「こう?(笑)」

瞬は机に足を乗せさせ

「うん!素直で可愛い!(笑)」

「ありがとう(笑)」

お酒は怖い💦💦
瞬の要求が
心地良い

瞬は1脚の椅子の背もたれに
私の脚を乗せた
椅子には私の荷物が

「(笑)なんだか恥ずかしいよ……(笑)」

完全に酔ってる私

「ホント!恥ずかしいね(笑)」

瞬が笑ってる!
良かったぁ〰〰(笑)

瞬は椅子と机の間に
もう一つの
椅子を置き
座った…………

「ミナ……酔ってる?(笑)」

シャンパンを呑みながら
瞬は笑って私をみる

「うん!酔ったね(笑)…………お尻が冷たくて
気持ちいい~(笑)」

「そうなの?(笑)…………でもお股が丸見えだよ(笑)」

「ん?…………パンツはいてるよ(笑)」

「確かに〰〰(笑)」

「瞬も酔ってるの?(笑)」

「酔ってる…………かな?(笑)…………パンツ脱いじゃ
うかぁ?」

「それは困るよー(笑)バカなの?(笑)」

「バカじゃないよ(笑)ちょっとだけ!」

「仕方ないなぁー(笑)ちょっとね(笑)」

素直になれて
恥ずかさが
薄れている
何をしてるかは
ちゃんとわかっていた

私はパンツを脱ごうと
瞬に背をむけた……

「ちょっと待って‼…………コレ!東京で買ったT?」

「ちょう!ちょう!瞬が選んだおパンティ~(笑)……
可愛いのぉ~~~(笑)」

「今日は黒かぁ~(笑)」

「赤も持って来たけど~~ブラの赤がなくてにゃ〰〰
今日は黒だよん(笑)…………瞬………………眠い……アハハ」

「えー〰〰ーっ!ダメでしよ?!」

「だってぇ〰〰〰〰〰〰(笑)瞬話長い〰〰(笑)」

「わかった!Tのまま窓枠に手をついて!お尻突き
出してごらん!」

「ごらん!アハハハハ〰〰変なの…………はい!どう?(笑)」

「良いねぇー(笑)……ミナ笑わないで!」

「はぃ!…………ププ……」

笑いが止まらない
なんか楽しい(笑)

次の瞬間……!

「……キャッ…………アッ…………瞬…………」

瞬は突き出している
お尻を10本の指先で
円を描くように
フンワリと撫でる

「いつまで笑えるかな?(笑)」

楽しい!が…………
気持ちいいに


変わる…………

…………

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 車を降りて絹香が居ないことに安心したその日のご飯は し...

  2. にぃにはわたしの手からグラスを取るとキッチンで、新品のグ...

  1. 高校を卒業して私はブスのまま東京に出てきた。卒業をしたら...

  2. ワガママ

    2014/12/09

    「カナメ、ホントに帰っちゃうの?」そう聞いた。「ひよ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/24 編集部Pick up!!

  1. 遊園地で見た客の態度にドン引き
  2. 高齢出産後 周囲の反応に困る
  3. 「姉妹間の御祝儀額」に悩む

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3