エミリエンヌさんのブログ

暗かった家庭環境を経ての結婚生活 自分でもバカな人生だと思います…

  • 記事数 132
  • 読者 94
  • 昨日のアクセス数 34

私の日常

しおりをはさむ

テーマ:家庭 > 夫婦生活

2016/09/23 08:47:49

  • 15
  • 0

認知症の義母と同居を始めたときからまる6年

同居、離職、ほぼ家にこもりきりだった

当初の義母の認知症の症状がひどく暴言、ヒステリック
徘徊、…
私は介護うつ状態だった
涙が止まらない、眠れない、動悸、人と会うのもイヤになりひきこもり、友人との連絡もほぼとらなかった

子供の受験もあったし、本当不安な思いをさせたと思う

でも子供の存在が本当救いだった

認知症が進み暴言やヒステリックもほぼなくなり次の段階の介護
下の世話というかおトイレが間に合わず汚す、下着も替えないので尿臭、寝具も頻繁に洗濯
デイサービスを利用しているのでそちらで入浴、着替えという状況

家にいると1日誰と話すこともなく気分は落ちるばかりで1年前から半日の仕事を始めた

朝は朝食の準備、お弁当、洗濯、義母を起こし薬を飲ませ着替えを促し朝食を食べさせる(自分でまだ食べられる)
デイサービスのお迎えの時間まで相手をする

デイサービスに、送り出したあと、夕飯の準備とか買い物をし仕事に行く

仕事が終わるとバスに乗り遅れないために速攻会社を出て自宅に帰る

義母のデイサービスの送りの時間に間に合わせるために

帰ったら義母に夕飯の準備、薬の服用等をさせ寝るまで相手
眠くなったら部屋へ誘導する

食事は殆ど二人きり
話さなくなった義母と無言の食事

テレビはついているが私が話しかけても無言
反応はない
認知症なので仕方ないのだけれどこれが毎日二人きりの時間に息が詰まる

これが日常

夫は…仕事だと言えば寄り道もでき飲みにも自由に行ける
私は…出かけるにしても前もって義母のデイサービスをお願いし、預けなければ自由に外出できない

デイサービスにもすんなり行ってくれないことも度々あり起きて送り出すまでずっと相手をして機嫌をとる

迎えがきてすんなり行ってくれてやっと動ける

毎日これの繰り返し

いつまで続くかわからないのが…介護

女性として色んな意味で変化のある年代
若くもなくかといって年寄りでもなく

体の変化も感じられる年代

余計落ち込む

義母の介護をし気づいたら…いい年齢になって仕事をすることも何かを始めることも難しくなってしまうかもという不安と諦め

何のために生きているんだろうと

虚しさに押し潰されそうになる

逃げ出したい、自由になりたい、頭の中を空っぽにしたい

苦しいこと、悲しいこと、嫌な記憶が、頭から離れない

前が向けない

毎日睡眠時間が3~4時間

お肌に身体にもいいことはなく余計落ち込む

今はただ何も期待せず日常をこなすだけ



これ毎日
週末は泊まりでショートステイで唯一気が抜ける

夫のこともあり家にいると色々考えてしまう

仕事をしていても頭から離れないが多忙にしていると少しは気が紛れる

職場で知り合いになった人たちがみんないい人で年齢層も20代から同年代で世間話をしたりできる

1日バタバタだけれど疲れても仕事していたほうがどれだけましか

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 今のお義母さんにはキーパーソンは無理…過食気味になり...

  2. 彼との別れを決断した私は、彼を思い出す暇を自分に与えないよ...

  1. 月曜に、介護認定の訪問調査があった。去年は調査員の人が来...

  2. 最近では小さな衝突が毎日あって、やっと私は自分の考え違いに...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/27 編集部Pick up!!

  1. 6歳児にサプリメントを飲ませる
  2. 1時間以上も叫び声が聞こえる
  3. 45歳で転職活動 不採用8社で凹む

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3