guilty lovers

梨沙子と裕紀のお話。

  • 記事数 403
  • 読者 669
  • 昨日のアクセス数 151

テーマ:小説 > 男女関係

2016/09/22 20:56:31

  • 56
  • 0

ホテルへ行った翌日は、
おれたちの会社の一次合格者の
発表日だった。


10時になったら
梨紗はインターネットで、
おれは会社の掲示板の張り出しを
見に行く予定になっていた。


しかし、
9時半を少し過ぎたころだった。


朝から席を外していた課長が
戻ってきたかと思ったら、


「高橋くん、ちょっといいかな。」


と、会議室に連れて行かれた。


部屋に入ると座るよう勧められ、
2人で向き合って座った。


しかし、課長は机の上で
手を組んでその手を見つめたまま、
何も話さない。


「あの…何かありましたでしょうか。」


沈黙がたまらなくなり、
こちらから尋ねてみた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ………私は西園寺課長が降りるのを待つ...

  2. 謝恩会

    2014/09/20

    あくる日からは、昨日の事は忘れて、仕事に励んだ。幸い、...

  1. 何の用?

    2014/09/16

    次の日会社に出勤して、いつものように仕事をした。今...

  2. ………そのぶつかった人が大阪から移...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/23 編集部Pick up!!

  1. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  2. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  3. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3