ブログランキング36

ジンさんのセックス~時々 妄想

昔のエロ話書いてます!妄想あり。あの人と再会したら?官能&恋愛小説も書いてます!

  • 記事数 1371
  • 読者 2180
  • 昨日のアクセス数 10915

小説)虎30

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/09/22 19:34:42

  • 125
  • 0

「ん…」
目が覚めた。カーテンのすき間から、日差しが入っている。隣にあるはずの温もりがない。
「蘭子?蘭子!」
「なーに?」
リビングからのぞく顔。ノーメイクで服は着ていた。
「はあーいたのか…」
「居ちゃ悪い?」
「違うよ…こっちに来いよ…」
「でも…」
ベットから抜け出し、その体を抱きしめた。
「あ…ヤス?」
「よかった……どこかに行ったんじゃないかって…」
「ばか……行くわけないでしょ?」
俺の背中に回された手。その手は力強く俺を抱いた。シャワーを浴びたのか、俺の使っているシャンプーの香りがした。
「なぁ?」
「ん?」
「もう一回していい?」
「え?」
「だから……もう一回」
「ダメ!」
蘭子が俺の腕の中で暴れた。
「なんだよ、いいだろ?」
「だって……まだなんか入ってるみたいだもん……」
顔を赤らめて、小さく話す。
「わかったよ…じゃあ、今はこれで我慢する」
顔を下に向け、目を閉じ、少しだけ唇を突きだす。
「え?え?」
戸惑っているのがわかる。

かわいい……
面白い……

「早く、蘭子!」
「もう……」
俺の首に感じる重み。重なる唇。チュっと音がした。その余韻がいつまでも残る。蘭子の背中を撫でる。
「もう一回」
「……もう!」
呆れたようなその声。それでも感じた柔らかい唇。俺はようやく目を開いた。そこには愛しい女の顔。その頬を撫でた。

「おはよ、蘭子…」
「……おはよ、ヤス……それと…あの…」
「ん?なんだ?」
「服……着てくれる?」
蘭子の顔が赤い。
「昨日見ただろ?」
「そうだけど!恥ずかしいの!」
「これから何十回、何百回いや何千回と見るんだぜ?!」
「もう!ばか!」
俺の腕をすり抜けて、蘭子はリビングへ。ベットルームには俺の笑い声が響いていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 蘭子は俺にもたれたまま、動かなかった。 「ぁぁ…は…...

  2. マンションの扉が閉まる。蘭子を後ろから抱きしめた。 ...

  1. 目が覚めた…。時計を見たら、AM5:30…。シンジの...

  2. ……目覚めた時!陽は高く久しぶりの魔界に、俺は落...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/11 編集部Pick up!!

  1. 不倫が相手の家族にバレてしまう
  2. 長年の不妊治療の末に妊娠し流産
  3. 子育ての自信を無くしてしまった

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3