ブログランキング16

ジンさんのセックス~時々 妄想

昔のエロ話書いてます!妄想あり。あの人と再会したら?官能&恋愛小説も書いてます!

  • 記事数 1443
  • 読者 2227
  • 昨日のアクセス数 24050

小説)虎29

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/09/22 19:01:49

  • 113
  • 0

「俺も…やっと手に入れた……」
蘭子の涙を指で拭う。それをペロリと舐めた。
「優しくしてやりたいのに……無理そうだ…」
「……はぁ…いいよ……」
蘭子の腕が俺をきつく抱いた。
「私をヤス……だけのものに…して…」
ねだるような甘い声。

堪んないな…

「蘭子!」
俺は腰を動かし始めた。その中は充分濡れていたが、狭く俺を強く締め付けた。蘭子を強く抱きしめた。
「たまんねーな…俺の手の中に蘭子がいる…」
耳元で囁く。

蘭子の爪が背中に強く食い込む。その痛みが女になった蘭子のそれと同じ気がした。

「あ…はぁ…ん!んん!」
「蘭子……蘭子……」
「ヤス……私だけの…ヤ…ス……」
何度もお互いの名を呼び合う。それだけで強い快感が得られた。そんなセックスは初めてだった。

「蘭子……いくぞ……くっ…う……」
「あ…はぁ…あ…」
蘭子の中で俺が弾けた。何度も蘭子の中に愛情を注ぎ込んだ。ビクビクと波打つようにソレを注ぐ。

ゆっくり引き抜くと、ソコから流れ出る俺と蘭子の体液。それは薄紅色をしていた。ベットサイドのティッシュで優しく拭き取る。荒い呼吸のすき間に、小さなため息。

蘭子の隣に体を横たえた。
「大丈夫か?」
蘭子は俺の胸に顔を埋めた。俺はその背中を優しく撫でた。そして、静かに目を閉じる。

久しぶりに熟睡出来た夜だった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「たまんねーな…蘭子の顔……」 その頬を撫でる。蘭子...

  2. 「イ、イツキ、待って…💦私、久しぶりだから、ちょっと苦し...

  1. 俺…I 3

    2014/03/31

    たぷりと首筋から足の指迄アロマオイルの香りが...

  2. 「っつ…うっ…はぁ…」「葵…力抜いて…………そ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/24 編集部Pick up!!

  1. 離婚した夫が6回目の逮捕された
  2. 結婚式の参加を直前にキャンセル
  3. 電車内で化粧始めた女性に思う事

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3