ブログランキング34

ジンさんのセックス~時々 妄想

昔のエロ話書いてます!妄想あり。あの人と再会したら?官能&恋愛小説も書いてます!

  • 記事数 1369
  • 読者 2177
  • 昨日のアクセス数 10404

小説)虎28

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/09/22 15:24:02

  • 128
  • 0

ソコを開いた。誰も見たことのない蘭子の秘密の場所。綺麗なピンク色をしている。
「や…見ちゃダメ!」
足が閉じられる。俺の体で最後まで閉じることは出来ない。
「見なきゃ気持ちよくさせてやれない……」
「き…気持ちよくって……ひゃあ!」
下から上へペロリと舐めた。蘭子の腰が跳ねた。
「いい味だ…」
「や…ダメ…ああ!」
ゆっくり何度も往復する。そのたびにビクビク跳ねる蘭子の体。中から少しずつ出てくる愛液。俺の体を挟んでいた蘭子の足が開いていく。舌に感じる固い突起。

ソレをチロチロ舐める。
「ああ!や!それダメ!」
蘭子の声が一層大きくなった。俺の唾液と蘭子の愛液が混ざり合い、堪らない味がする。その固い突起は、俺の愛撫に堪えるように、時折ヒクヒクと痙攣する。
「や…も…ダメ…あん!あっあっあっああ!!」
激しく蘭子の体が痙攣した。蘭子の中からトロリと甘い蜜が流れる。

蘭子の荒い呼吸が聞こえた。俺は顔を離し、体を上へ。
「蘭子……」
「ぁぁ…はぁ…」
ベルトを外し、スラックスと下着を下へずらした。蘭子の秘部に、自分自身をあてがう。俺のソレは今にも暴発しそうなほど、固くなっていた。

蘭子の愛液をソレに擦り付ける。蘭子の両足を両脇に抱える。グッと腰を入れた。
「いた!んん!」
先が少しだけ入る。俺を拒絶するようにソコは狭く固い。蘭子の手が俺の胸を押し離し、握られる。
「大丈夫か?」
「……すごく…いた…い……」
「ゆっくりな……ゆっくりするから…」
蘭子の目が少しだけ笑った。

そのまま貫きたい気持ちを抑え、そのまま少しずつ動く。
「ん…い…ぁぁ……」
俺の腕に食い込む蘭子の爪。何度も繰り返すと、固く閉ざされた扉が少しずつ開いていく。
「蘭子……わるい…」
「え?ああ!!」
俺はついに蘭子を貫いた。蘭子はギュッと目をつむり、唇を噛み締めていた。
「蘭子……目あけて?力抜かないと……」
唇に指を這わす。ゆっくり蘭子の目が開いた。頬に流れる一筋の涙。
「はぁ……ヤス……痛いのに…嬉し…」
蘭子の手が俺の頬を撫でる。その顔は小さく笑っていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ゆっくり腰を進めていく。蘭子の体に力が入った。それを無視して...

  2. 「ほんとだ…濡れてる…」 鏡にチラリと彼の顔が見えた...

  1. そこを開き、舌を這わす。甘い甘い蜜の味。 「蘭子……...

  2. 「俺といるときは素直になれよ…」 耳元で聞こえる声に...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/8 編集部Pick up!!

  1. 夫が浮気して信用が無くなった
  2. 「結婚を決めたキッカケ」は
  3. 同居義母が義弟の家に通い妻状態

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3