シホとのんちゃんとむすことねこたち。

のんちゃんとのんちゃんそっくりな息子と猫達に振り回される毎日…でもHappy*

  • 記事数 225
  • 読者 473
  • 昨日のアクセス数 486

2016/09/23 01:18:06

  • 41

テーマの通りです。
ご注意ください。








7月中旬のある日。

「シホちゃん、今日泊まりに来て。」

カフェで待ち合わせして2人で歩く帰り道。
のんちゃんにお願いされる。

最近お姉ちゃんの言葉を気にしてお泊まりを控え気味にしてるから、ちょっと久しぶり。
少しドキドキする。

「え。
あぁ、シホは明日お休みだからいいけど…
のんちゃんは明日、仕事でしょ?
大変じゃない?」

「…大丈夫。
昼からだから。
今夜は一緒にいようよ。」

「うん、のんちゃんがいいなら、行くよ。」

玄関に入るなり、激しいキスをしてくる。
口内がのんちゃんの舌でいっぱいになって、涎が垂れてしまった。
付けていた口紅がお互いの口周りにベタベタについてしまう。

「んーっ…のんちゃん、苦しいよぉ…」

「あ、ごめん…
今日、異常にシホちゃんとしたくって…
久々だからかなぁ…
ほら、触ってみてよ…」

本当だ…
ズボン越しに触ってみると、めちゃくちゃ硬い。
それを合図に、更にシホの胸を激しく揉む。

「はぁっ…んーっ…のんちゃん…
ちょっと痛いー…」

「ごめんね、なんか加減できなくて。」

玄関でそのまま、ニットを脱がされる。

「やっ…ここではいやー…
中入ろうよ。」

「やだ。
ここでしたい…」

「シホだっていやだ…。」

基本シホが嫌がることはしないのんちゃんが、シホの言う事を無視する。
ブラをずらし、あらわになった胸を揉み、乳首を口に含む。

「やぁぁっ…ここじゃだめだってばぁ。」

「…じゃあ俺を1回イかせて?
そしたら中に行く。」

ちょっと強引なのんちゃんに戸惑いつつ、実は濡れてきてるシホ。
たまにはこういうのも悪くないかも…。

「ん…分かった…。」

のんちゃんのズボンをずらし、パンツからのんちゃんの大きくなったのを出す。
口に含みながら根元をしごく。

「はぁっ…シホちゃん…あぁぁ…」

シホの頭を押さえ込む。
彼氏に無理やり玄関で舐めさせられてる…このシチュエーションにシホもびしょ濡れ。

「シホちゃん…もっと…強くして…」

「んっ…分かった…」

のんちゃんの好きな部分に力をいれて手の速度を早める。

「んぁっ…」

口に手を当てるのんちゃん。

今のんちゃんちの前を誰かが通ったら、聞こえちゃいそう…。
想像しただけでシホもイキそうになる。

「あっ、あっ、あーっ…イクッ…」

すかさずしごきながら口に含むと、シホの口の中に思い切り吐き出した。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 落ち込んでても、ヤることはヤります!wてか、本人はそ...

  2. 239

    01/10

    ブラウスとスカートを脱がされ、あたしは下着だけになった。...

  1. 胸の突起した先端部分を親指と人差し指で摘み、もう片方には舌を...

  2. 14.

    01/06

    岡田君家に着いた。ドキドキが止まらない(笑)...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/11 編集部Pick up!!

  1. 夫が毎日パチンコ通い家計を圧迫
  2. 不妊症で子が産めないダメな娘
  3. 長年の不妊治療の末に妊娠し流産

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3