ブログランキング80

恋の分岐点/Our Paths Never Diverge

いくつもの分岐点を経て辿り着く結婚までのストーリー《完》/ 夫婦になった2人のその後

  • 記事数 1233
  • 読者 3026
  • 昨日のアクセス数 3278

恥ずかしい過去(2)

しおりをはさむ

2016/09/26 10:27:55

  • 340

「まさか、沢村先生⁈」

ついに、ケイスケが答えに辿り着いた。

そう、私が友達の付き添いがてら眺めていたのは、バスケ部顧問で、高校時代、私たちのクラスの担任だった沢村先生。

ケイスケは、留学する時、特にお世話になったこともあり、今でも沢村先生を慕っている。

しかも、この1週間ほど前に2人で会いにも行っていた。

「別に本気で好きだったわけじゃないよ?ファンていうか…同世代の男子とは違って大人でカッコいいなって思う時もあれば、たまに生徒とふざけるときは少年みたいで、そのギャップがね」

私は当時のファン心理のような、憧れのような、微妙な気持ちをそんな風に表現した。

それに対するケイスケの反応はというと…

「沢村先生が女子に人気なのは知ってたけど、まさかカリンもだったとは思わなかった」

くらいな感じ。

ただ、いつも以上にお喋りになってしまった母。

「沢村先生が担任だったら、毎日学校行くの楽しいのに」

「今朝、沢村先生に挨拶したら、『おはよう、山岡!』って返してくれた!私の名前覚えてくれてるみたい」

「先生て、今25歳くらいかな?(実際は若く見えていただけで、もう5歳くらい上でした)生徒の間は無理でも、私が今の先生くらいになったとき、先生は30代後半でしょ?それなら、OKじゃない?」

などなど…

当時の恥ずかしい発言の数々に加え、沢村先生が結婚するって聞いたときに、私がかなり落ち込んでいたことまでバラしてくれちゃって…

「それ、ファンじゃなくて、結構本気で好きだったんじゃん!」

ケイスケからはそんな風に言われた。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 先生。。。もぅ、一年以上前から思ってくれてたなんて。。。...

  2. 「星野ケイスケ」それが彼の名前。最初の頃は、「入学式の日...

  1. 2年生の担任は学年主任の徳丸(仮名)先生。ちょっといぶし銀...

  2. 笑顔‼︎

    2015/07/25

    チビと一緒に人混みの中をウロウロしていると先生方の店の前に来...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/9 編集部Pick up!!

  1. 入院中 夫に子を預けるのが不安
  2. 「カレーに入れる肉」で夫と喧嘩
  3. 義弟嫁が妊娠しお下がりを催促

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3