恋の分岐点/Our Paths Never Diverge

いくつもの分岐点を経て辿り着く結婚までのストーリー《完》/ 夫婦になった2人のその後

  • 記事数 1233
  • 読者 3026
  • 昨日のアクセス数 1242

モテ期(4)

しおりをはさむ

2016/09/25 00:09:08

  • 334

鈴木くんからは中2のときに告白された。

「転校してきた時からずっと好きでした。付き合って下さい」

そんなストレートな言葉で。

だから、私も普通に「ごめんなさい」って返して終わった。

その後はただのクラスメイト。

ということで、昔話にも特に突っ込みどころはない。

他の3人もそんな感じ。

ただ、ケイスケをバスケ部に誘っていた佐藤先輩のエピソードはちょっと違った。

当時、仲良しグループの中に、佐藤先輩のことを好きな友達がいた私。

帰宅部で放課後暇だったので、その子に付き合って練習を見に行ったりしていた。

「ほら、佐藤先輩いたよ!」

なんて言いながら、先輩のことを指差したりしたことも。

そのせいで、私が自分のことを見ている、好きなんだと先輩は勘違い。

自信満々に告白されてしまった。

ただ、友達の好きな人からいきなり告白された私はテンパり…

「私のこと好きになられても困ります!私は先輩に全然興味ないんです」

そんな失礼極まりないセリフでお断りした上に、走って逃げてきた話まで、母はケイスケにした。

それを聞いたケイスケ。

「カリンらしい気もするけど、それはさすがに先輩、可哀想過ぎる!」

そう言いながら爆笑。

父と兄まで、「そうそう!そんなことあった!」と笑い出した。

ただ…

「カリンが付き添いを口実に見てたのは他の人よね〜」

という母の意味深発言で、ケイスケの笑いは止まり、「そんなの初耳」といった感じの表情で私の顔を見た。

同じテーマの記事

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/4 編集部Pick up!!

  1. クリスマスに結婚式とかやめて
  2. 子の発達障害を疑われショック
  3. 週2日 子を預けてリフレッシュ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3