ブログランキング6

恋の分岐点/Our Paths Never Diverge

いくつもの分岐点を経て辿り着く結婚までのストーリー《完》/ 夫婦になった2人のその後

  • 記事数 1260
  • 読者 3411
  • 昨日のアクセス数 59492

2016/09/22 10:50:17

  • 369

両親の家に滞在中は、私と母から交互に話しかけられるので、ケイスケは忙しい。

特に食事中。

「ケイスケ、ビールでいい?」

「ケイスケくん、お代わりは?」

「ケイスケ、これとろうか?」

「ケイスケくん、これも食べてみて?」

その様子を見ていた兄が、「モテ期だね」と言って、クスっと笑った。

すると、その兄の発言に、母が便乗。

「ケイスケくんのモテ期はいつだった?」

なんて質問をしたもんだから、ケイスケは反応に困り、助けを求めるように私の方を見た。

でも、残念。

私もその答えは気になる。

「いつ?どれくらいモテた?」

私まで母と一緒になって迫ると、勘弁してよと言う顔をしたケイスケ。

「モテ期なんてなかったですよ」

そう言って、ビールを飲んだ。

でも、もちろん、そんなの誰も信じない。

「いやいや、そんな訳ないでしょー」

すかさず兄がツッコミを入れた。

それでも、ケイスケはモテ期なんてなかったと言い張り、その結果…

「一時的じゃなく、常にモテてきたってことか!」

兄が勝手に結論を導き出した。

ケイスケは「そんなことない」と否定していたけど、両親は「なるほどね!」と納得。

私は、まさかこの直後、モテ期の話題が自分に返ってくるとは思わずに、「へー、私の知らないとこで、ずっとモテてたのね」と、ケイスケをからかった。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 家族にケイスケとまた付き合い始めたという話をした翌日、ケイス...

  2. 「ケイスケくん、カリンをよろしくね」別れ際、数年前にも聞...

  1. スーツをピシッと着たケイスケが、祖父母の家に来たのは、それか...

  2. 「ケイスケくんもよく知ってる人よ」という母の言葉で、ケイ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/20 編集部Pick up!!

  1. 妊娠中から不倫され強制的に別居
  2. 結婚指輪は見栄の為の物ではない
  3. 流産してから妊娠を待ち望む女性

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3