忘れないで

初恋から オトナになるまでの恋愛を書いています。登場名は もちろん偽名ですが(笑)

  • 記事数 1642
  • 読者 1971
  • 昨日のアクセス数 1948

a day in our life 204 じゅん

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/09/25 01:45:28

  • 235
  • 0

翔ちゃんは ママからもらった広告を手にして 場所を確認する

そーいえば 裕君の家は夏海やかずと 同じ校区だった

私は 幼稚園まで 違う場所で住んでいて 小学校に上がるのをきっかけに今の場所に 引越ししてきた

その時に 兄弟の様に仲良くしてたのが裕君達
(一つ下の裕君。二つ下の信ちゃん)

え?

ってコトは かずと同級生だったんだ( ̄◇ ̄;)


二つ隣の校区は 車で10分もあれば 着いた

じゅん:「へえー こんな所 知らなかった(笑)」

翔:「そりゃそーだろ。出来たばっかりみたいだし( ̄▽ ̄)」

じゅん:「そーなの?よく翔ちゃん知ってるね(笑)」

翔:「さっきお母さんが こけら落としって…

まぁ イイわ( ̄▽ ̄)」

呆れた顔でそう言って翔ちゃんは 私に説明するのを諦めたみたい

駐車場もこじんまりとしてて 町内の公民館を二つ分の大きさの建物

それで 外には屋台もある‼︎(≧∇≦)

じゅん:「ね‼︎翔ちゃん‼︎(笑)」

もちろん満面の笑みで 翔ちゃんにおねだりする

翔:「バーカ(笑)先ずは挨拶」

おでこにデコピンをされて 痛いおでこを摩りながら 翔ちゃんの後を着いていって 入り口にはいった

受付で 個展と町内の商店街の地図を受け取った

ロビーから続く階段を登ると 両側にはびっちりと絵が飾られていた

翔:「おじさん居る?」


おじさん…

顔 覚えていない!(◎_◎;)

おばさんは クッキーやお菓子をくれて 不器用な私にかぎ針のやり方を 根気良く教えてくれた優しい人で 小さい頃大好きだったけど

おじさんは…

無口で 話した記憶ほとんどないな…


じゅん:「顔みれば 思い出すかも…」


引越しして 最初の頃は よく行き来してたけど 裕君達が少年団に入って 会う機会がなくなってしまった


翔:「お前の記憶 頼りね〜(笑)」


お客さんの波に合わせて ゆっくりと絵を見ることにした


同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 翔ちゃんの誕生日が過ぎて 2月にはいった翔:「仲人だけど...

  2. 裕君(笑)裕君‥裕君の顔を見て 手を振ると すっごくビッ...

  1. ・あれっ?翔ちゃん?横に居たはずの翔ちゃんが 急に...

  2. じゅん:「翔ちゃん 手〜繋いで!」運転中の翔ちゃんに頼ん...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/10 編集部Pick up!!

  1. 隣から「うおー」と男性の叫び声
  2. 過疎化が激しい地域で悩む子育て
  3. 夫が毎日パチンコ通い家計を圧迫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3