ブログランキング33

ジュリーさんのブログ

セレブセックス

  • 記事数 257
  • 読者 2123
  • 昨日のアクセス数 11400

片桐 涼 という男 4…シングルベッド

しおりをはさむ

2016/09/19 00:02:41

  • 283
  • 6

半同棲の様に…
涼のマンションにいた。
毎晩のようにsexの相手。

こんな頃に、DVDで、古い映画の『ゴースト』で、アンチェインドメロディと出会う。
涼…がすぐ調べてくれた。
それを聞きながらのsex…

そんな生活なのに…

涼の車の中!
ちょこちょこ!女の跡が…
わざと、置いて行くのだろうか?
口紅とか、鏡とか、ピアスとか、ヘアゴムとか、
全部違う女なのか?

私と寝ているベッドでも?
それは、無いと、信じたい。

帰って来ない日もあった。
なんで、私!ここに居てるん…

でも、何も言えなかった…言葉にしたら終わりそうで

そんな事から、少し心に、…

私にする事は、するくせに、浮気を繰り返す
私は、本命ではないのかなぁ…なら、なんなん…

そんな思いから、涼から離れる…別れるのでは、なく
離れる?…離れない?…そんな事ばかり考える。
心のバランスが取れなくなってる私。

バイト先の店長が、壊れていく私を、心配していた。
エリさんも相談に乗ってくれるが…解決する訳なく
店長が、
だから、あかんで!って言ったやろ。
悪い男に惹かれるんやなぁ。

エリさんは、仕方ない。
好きなの…浮気しても…好きなの!ねっ!わかるよ。

長い髪を、バサっと
テーブルに顔を、置いて…なぜか、涼のする事を思い出すと、涙が溢れる…
私…もう、涼のマンションに帰らず、
家に、帰ろうかな…
もう、好きでいるのやめようかな…
これ以上…無理…かな…

レイちゃんが決める事やな。

うん。

だからと言っても、別れられない自分がいた。

そして、涼が迎えに来ると…
車に乗る…乗ってしまう…
sexの為に連れて帰るのかなぁ…今日は、私なの?

店長と、エリさんは、心配そうに、見守るだけ。

ご飯食べて、マンション。

やっぱり…

ああ…うう…いやっ!

涼…なんで私なん?

何が?

私じゃなくてもいいん?

何!訳のわからん事言ってねん。
お前がええよ。
レイ。女になってきたな。
硬かった胸もこんなに柔らかになって…
キスも上手くなったよ。

レイ。俺の彼女の称号は、お前にやったやん。
ここの鍵も。

…そんな事じゃ無い…

涼…が欲しいのに…浮気しない涼…

レイ。
週末海行こう

こうやって、別れられなくする。


そんな頃だった
風邪気味の私に、店長が、早く帰らせてくれた。

店長が、涼に電話してくれたが、出ない。

タクシーで、帰った。
涼のマンションに…
自分の家に帰ればよかった…

涼のマンションに、女と居る所に遭遇。
女は、帰るところだった。

多分!私が戻る時間までの…

唖然!とする私に、涼は、平気でレイと!抱きつく

女は、またね。
涼…は、早よ帰れや!って言ってる。
私を抱きしめたまま…動けない様に…
何なの…これは…悪夢でも、見てる?

終わった…心の中で呟く。

私を、毎晩のように抱いてるベッドで…

さすがに、これは、無理…相手を見てしまったら、無理

上半身、裸の、涼
スエットのウエストゴムを引っ張り、中を見た。
やっぱり、履いてない

嫌ーー
涼を突き飛ばし、マンションの、鍵を涼に投げつけて
外に…

涼が何か叫んでいたが、聞こえない。覚えていない。

雨が降っていた。

・・・・・・

倒れそう…

もう、嫌。
私の涼への『好き』という気持ちを、封印した瞬間!
涼だけを見つめるのは、やめる。そう決意した日。

雨に濡れながら歩く。
長い髪が、びっしょり…
携帯の、バイブが、ポケットで、震えている。

もう…無理…

涼が追ってきた。
車が、横に止まった。
降りてきて、抱きしめる。

ごめん。
悪かった。

何も言わない私。

…もう遅いよ…

何度も、我慢した。
許せる…には、まだ、私、若すぎた…

…涼…私は、もう無理…涼だけを見ない…
…それでも、好き…抱かれてあげるけど…
…涼だけのものじゃない…
…レイだけを見てくれる人を探す…
…涼が、私だけを見つめるまで…待ってる…

そんな風に、涼とすれ違ってしまった心。

背を向けると、追ってくる涼…
さよならを言わない心の別れ。

私が寂しくなると、涼に、甘えに行く…その関係で、
自分の、気持ちのバランスを保った。

時に、俺の所に戻って来てくれ!と言う涼の心を置き去りにした。

自分が、傷ついた分、涼を傷つけたのかも…
涼の絶対的存在になってやろう…そんな気持ち。

大学生も、OLの時も…
そして、はじめての愛人の時も…
涼には、抱かれに帰るけど、涼のもとには、いない。
あれから、誰かを好きになることは、無い
誰とも続かない…
結局、涼…を求めてるだけ…


涼…の車の、中で、聴いた
つんくの『シングルベッド』が、切なく聞こえた時期だった。

すっかり大人の女の私と、涼との切ない関係が始まる。

何度も、神戸の埠頭で、
レイ、俺だけのものになってくれや…
もう、許してくれや。
浮気せえへんから。
やり直されへんのか?

・・・

…なるのが、怖かった。
私だけのものにならなかった涼だから…

このままで、良いと言う私…

レイ。お前の瞳って、こんなに茶色やったんや…
髪の色と、同じやってんな…
綺麗や…

今更…

やっと、私の目を見たの…

会いたい時に会おう。
抱きたい時に、抱かせてあげる
私の荒んだ気持ちは、違う目標に進んでいく。

でも、愛してる…
愛してるから、戻りたくない。誰よりも愛してる
だから、涼の事で泣きたくない。

今、会長も知らない…シングルベッドの思い出。
シングルベッドでは、なかったけど…

どっちから、別れ話するのか…
あの頃に戻れるなら、お前を離さない…

同じテーマの記事

コメント6

しおりをはさむ

  1. メイさん(40歳)ID:5205861・09/19

    れいさん、こんばんはー
    涼さんと、そんなことがあったんですねー!
    浮気現場に遭遇なんて、絶対に許されないですね、若かろうと、歳いってようと!
    シングルベッド、あの曲を聞いて切なくなる人は何らかあった人よねー!
    私も、その一人。
    歌って不思議!色んな物語がありますねー

  2. ハンナさん(33歳)ID:5202409・09/19

    そんなことがあったんですね。
    レイさんなりの大切な人との距離。
    レイさんの涼さんへの対応が、
    大人で勉強になるなあ。
    すがりつかない気高さ。
    抱かせてあげる、の言葉が可愛い。

  3. ヒロさん(38歳)ID:5200354・09/19

    遭遇はきついですね〜他の女、涼さんの女になれるように必死だったんだろね(ーー;)やっぱりそれだけ魅力的な人だったんやね〜〜☆

もっと見る

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/7 編集部Pick up!!

  1. 元同僚の恋愛相談受けてイライラ
  2. 1歳娘が左利き 矯正するか悩む訳
  3. 子が元夫そっくりでトラウマ甦る

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3