ジプシーのひとり旅

異文化の中で育ち成長してきた私の思い出話 〜 西アジア・ヨーロッパ・北米での生活。

  • 記事数 843
  • 読者 367
  • 昨日のアクセス数 571

ジプシーの失態

しおりをはさむ

2016/09/15 16:10:17

  • 18
  • 0

先生は日中、私をカウチに寝かせ、片脚を持ち上げ、明るい採光の中で私の女性器を眺めるのが好きだった。

じっと、見ているのだ。

見られている恥ずかしさで、私は下半身からジュースが溢れそうになるのがわかった。まるで、泉の様に湧き出てくるらしい。

ログインしてこの続きをみる

関連するブログ記事

  1. ラマン先生は私の両脚を掴みながら、挿入してきた。先生は喜...

  2. ラマン先生は私を阻止した。「もう遅い。帰った方が良い!...

  1. 2年生の担任は学年主任の徳丸(仮名)先生。ちょっといぶし銀...

  2. 淳哉先生の後ろについて歩きながら、私としては、「 そう...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/23 編集部Pick up!!

  1. 生後2か月の子を連れまわす友人
  2. 義弟嫁の家に上がって驚愕した訳
  3. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3