ジプシーのひとり旅

異文化の中で育ち成長してきた私の思い出話 〜 西アジア・ヨーロッパ・北米での生活。

  • 記事数 942
  • 読者 404
  • 昨日のアクセス数 1701

ジプシーの失態

しおりをはさむ

2016/09/15 16:10:17

  • 18
  • 0

先生は日中、私をカウチに寝かせ、片脚を持ち上げ、明るい採光の中で私の女性器を眺めるのが好きだった。

じっと、見ているのだ。

見られている恥ずかしさで、私は下半身からジュースが溢れそうになるのがわかった。まるで、泉の様に湧き出てくるらしい。

ログインしてこの続きをみる

関連するブログ記事

  1. 私は、恥ずかしいくて死にそうだった。先生「リリト、そろそ...

  2. 先生の足もだいぶよくなって車も運転できるようになり私たちはま...

  1. 先生は、私の視界と両手首の自由を奪った。先生は、私の...

  2. 先生は、私のブラ、ショーツと脱がす。私は丸裸にされた・...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/23 編集部Pick up!!

  1. 「孫依存」の母に振り回される
  2. 新築お披露目で義両親にイライラ
  3. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3