ジプシーのひとり旅

異文化の中で育ち成長してきた私の思い出話 〜 西アジア・ヨーロッパ・北米での生活。

  • 記事数 855
  • 読者 370
  • 昨日のアクセス数 1445

ジプシーの失態

しおりをはさむ

2016/09/15 16:10:17

  • 18
  • 0

先生は日中、私をカウチに寝かせ、片脚を持ち上げ、明るい採光の中で私の女性器を眺めるのが好きだった。

じっと、見ているのだ。

見られている恥ずかしさで、私は下半身からジュースが溢れそうになるのがわかった。まるで、泉の様に湧き出てくるらしい。

ログインしてこの続きをみる

関連するブログ記事

  1. ラマン先生は私を阻止した。「もう遅い。帰った方が良い!...

  2. 前戯と呼ばれるものは、もうかれこれ一時間くらいになろうかとい...

  1. 先生は、私の視界と両手首の自由を奪った。先生は、私の...

  2. 先生は、咳こんでる私をニヤニヤしなが眺めてた。先...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/18 編集部Pick up!!

  1. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚
  2. 未婚なら複数交際するのはありか
  3. 3年も不倫続ける姉を説得したい

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3