恋の分岐点/Our Paths Never Diverge

いくつもの分岐点を経て辿り着く結婚までのストーリー《完》/ 夫婦になった2人のその後

  • 記事数 1287
  • 読者 3540
  • 昨日のアクセス数 1059

聖地巡礼(3)

しおりをはさむ

2016/09/19 23:02:39

  • 380

その後は、思い出話をしながら、大学時代と同じデートコースを辿った。

滝、湖、展望台。

あの日と同じ景色を夫婦で眺める。

これまで色々なシチュエーションを経験してきたせいで、免疫が出来たからか、やっぱり当時の気持ちが蘇ったりはしなかった。

ただ、ケイスケの思惑通り、初心には戻れたのかもしれない。

あの日ケイスケとやり直せてよかった。

今でも仲良く一緒にいられてよかった。

そんな気持ちにはなった。

そして…

「もしあの日、2人でここに来てなかったら、今頃私たちどうなってたかな?」

今と違う人生を自分では想像できなくて、ケイスケに聞いてみたけど、ケイスケも私と同じだったらしい。

「あの日ダメでも、夏休みの間に攻めまくるつもりだったから、結局今と同じじゃん?でも、思い出の場所が、北海道とかカナダだったら、聖地巡礼しにくかったから、あの日でよかった」

そんな返事が返ってきた。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. さらに私は、この機会に、ケイスケと大学で再会して以来2年半近...

  2. マキはケイスケに頼まれた通り、失恋した私の側にいてくれた。...

  1. 学校までの道のり、ケイスケは、ずっと私の事を気にして、色々話...

  2. 「今日何の日か分かる?」12時を丁度過ぎた頃、帰りの車の...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/20 編集部Pick up!!

  1. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  2. 不倫相手と関係切れていなかった
  3. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3