母親?人妻?…それでも女。貪欲に生きる私。

ギャンブルも、不倫も、借金もしてます。これが今の私の現状です。

  • 記事数 645
  • 読者 935
  • 昨日のアクセス数 826

524、すれ違い

しおりをはさむ

2016/09/15 12:50:37

  • 77
  • 3

「のの!!待ってってば!!」
車の窓を開けて、大きな声で呼ばれる。
頭の中が、爆発しそうだった。


「うるさいっ!!!」
私は怒鳴るくらいの大きな声を出した。
そして、自分の車に乗り込み鍵をかけた。
落ち着こうと深呼吸してエンジンをかけた。
稲田は、横に止めて、ずっと呼んでいたが
私は、振り向きもせずに
その場を後にした。









やっぱり青葉くんと何かあるんだ。
付き合ってる??
私と、リクくんに内緒なのかな?
リクくんは知っているのだろうか、、、
でも、私は連絡先知らない。
少し途方にくれながら運転していた。
バックミラーを見ると、稲田が着いてきている。





なんなの!!







私は、何処にも寄らず、家に帰った。
家の近くに来ると、稲田もわかったのか
もう追っては来なかった。
車を降りてスマホを見る。

着信が山のように入る。
私は電源をoffにして、家に入った。





、、、、、、、、
次の日。
私は休みだったので、朝の準備を終えて
少しだらだらしていた。
あ!スマホ!!
そう思って、ちょっとビクビクしながら
電源をつける。



着信、メール、、、、
読む気にならなかった。
そのまま、テーブルに置いて
また家事に取りかかった。






お昼過ぎると、稲田からの電話が何度か鳴る。
でも、出ない。
出たくない。
言い訳も真実も今は聞きたくない。





✉を一言だけ返した。
「今は、言い訳も真実も聞きたくない。」
送信すると、
ピタリと電話が鳴りやんだ。



私は送られてきた✉は全て読まずに消去した。






今は、何も考えたくない。







私は、スイッチを
お母さんモードに切り替えた。









それから、数週間は
家と仕事場、子供のための外出、そんな感じで
日々を過ごしていた。








その間、1回も連絡はなかった。
それはそれで、なんだか寂しくもあったが
時間が解決してくれていた。
気持ちの波も少しづつ穏やかになっていたが
連絡する気にはならなかった。







はるくんとは、何日かおきに、元気かい?とか
身体に気を付けてね?とか、当たり障りなく
メールをしていた。








気付けば
1ヶ月が過ぎていた、、、

同じテーマの記事

コメント3

しおりをはさむ

  1. ナタリアさん(37歳)ID:5177929・09/17

    スーさん
    いつも、ありがとうございます。
    今は大丈夫ですよ。

    物語は、少しづつ進んでいます。
    見守ってくださいね😄
    優しい言葉!本当、嬉しいです!!

  2. スーさん(37歳)ID:5171138・09/16

    ののちゃん大丈夫?これが現在進行形でないといいけど
    落ち着いたかしら?

  3. スーさん(37歳)ID:5171137・09/16

    ののちゃん大丈夫?これが現在進行形でないといいけど
    落ち着いたかしら?

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/4 編集部Pick up!!

  1. 不倫している30代半ば独女とご飯
  2. クリスマスに結婚式とかやめて
  3. 義母からのLINEが気持ち悪い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3