ジプシーのひとり旅

異文化の中で育ち成長してきた私の思い出話 〜 西アジア・ヨーロッパ・北米での生活。

  • 記事数 858
  • 読者 372
  • 昨日のアクセス数 1445

ジプシーと自尊心

しおりをはさむ

2016/09/15 14:13:34

  • 13
  • 0

「私は、幼い頃からラマン先生を尊敬していて、良い教師に巡り会えたと思っておりました。お陰で、21歳と言う若い年齢で学位を取得し、医学部にも入れました。私にはプライドがあります。私は自分に敬意を表してくれる人としか交流を持ちません」

私は怒りと困惑が混ざっていた。

「シア、愛してる。側に居て欲しい。お互い、良い医師になるよう磨き合おう!」

ログインしてこの続きをみる

関連するブログ記事

  1. レスなんてことに目をつむれば、良いだけ。手も繋ぐなんてこ...

  2. その夜、私はラマン先生のアパートに居た。ラマン先生は料理...

  1. 留置所から出廷した容疑者たちは、イランから呼び寄せられたラマ...

  2. ラマン先生は私の言おうとしている言葉を聞かずに、「君が私...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/18 編集部Pick up!!

  1. 不倫相手と関係切れていなかった
  2. 子連れに謝罪され感じたこと
  3. 子持ちが羨ましくて退職を決意

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3