ブログランキング90

ソレンヌさんのブログ

  • 記事数 292
  • 読者 144
  • 昨日のアクセス数 2845

最後の夜?

しおりをはさむ

2016/09/15 00:29:03

  • 8
  • 0

夫婦修復を終え、今までの普通の生活を取り戻そうとしていた矢先に現れた

私は仕事を終え、買い物を済ませ帰宅すると家の前には見知らぬ女性が家の回りを見渡していた。

ルリ「あのぉ~?うちに用事てすが?」
女性「あ、わたし...」
ルリ「?」
女性「すみません。失礼します」
頭を下げ、小走りに去っていった。

夜、ヒロキに女性の話をした。
ヒロキ「なんだろね。セールス?」
ルリ「わかんないけどさぁ」
その場は、これ以上の話にはなることはなく、数日が経った頃に、また家の回りをチョロチョロとしてる姿を見つけた。
声をかけようと思ったら私に気づいたのか消えていった。

再度、話をすると..
少し、様子がおかしく問い詰めてみた。
わたしの勘違いだと思い問い詰めも止めた。

修復の夜以降、一緒に寝ることが多くなり求め合う。
ヒロキ「ル~リちゃん💕」
ルリ「あっん!」
名前を呼ぶときには手は割れ目に居た。パンティの上から擦りクリをつまみ、湿りだすと横から指を侵入。ヌプッと音を立て割れ目から入り込む。
ルリ「あぁぁ....」
ヒロキ「もう濡れてるやん笑 待ってた?」
ルリ「ヒロキやからに決まってるでしょ照」
ヒロキ「じゃ、今夜も♥」

二人は時間がもったいないと言わんばかりにキスを交わしながら服を脱がせ合い、裸になるとベッドに倒れ込み激しくキスを交わす。洪水の割れ目からは指がヌプッと入り、肉棒の先のキラキラは舌先でチロチロ舐める。

ルリ「あぁぁぁ...!ぁぁ...ん!!」
ヒロキ「ぅぅ...」
漏れる声はお互いを興奮させ絶頂へ導く。果てても次の波がルリを襲い指は休むこと無く攻め立てる。声を上げ口に含んだ肉棒を離すと糸がキラキラと光り波打つ。

ヌプッズズズ...ビチャ
肉棒は、割れ目に導かれるように入っていく。
ルリ「あぁぁぁ....あぅ...あん!」
ヒロキ「おぉぉぉ...ハァハァ し、締め付ける...」

ルリの片足を肩に乗せ、汁で濡れた太ももの上を滑るように腰を振り肉棒の抜き差しをしていた。
ルリ「あ、ぁぁぁ!はぅ あぁぁん」
抜き差しで声が変わると興奮が高まり、動きが早くなる。
耐えれないヒロキは入ったままバックに切り替え後ろから突き上げる。ルリはシーツを握り体を左右に揺らす。

パンパン!と打ち付ける音が聞こえ、ハァハァと息づかいが聞こえ我慢の限界のヒロキはバックで果てていく。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 無事に退院が出来、通院生活が始まった。週の半分は家にいた。...

  2. 夜這いされ、目の前に出された肉棒を久々にみた私はパクリジュ...

  1. 24歳

    2015/06/14

    外はまだ大雨だったクチュ、、クチュ、、愛...

  2. 事故から半年が過ぎた頃、仕事に復帰が決まり毎朝の見送りが始ま...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/9 編集部Pick up!!

  1. 逆走してきた対向車から文句
  2. 「童顔」で損したこと得したこと
  3. 「神レベル」な義母からの贈り物

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3