イヴの憂鬱

結婚生活、闘病生活…そして今、離婚に向けてのカウントダウンが始まった。

  • 記事数 75
  • 読者 229
  • 昨日のアクセス数 6

病室に戻ってから

しおりをはさむ

2016/09/16 12:59:28

  • 2
  • 0

止血した鼠蹊部を動かさないようにベッドで二時間。

手首は空気を入れてパンパンになるバンドで固定。

体を動かさないって辛い。。。

それでも何とかクリアして、すぐさま歩行訓練を兼ねてトイレへ行ったけど。

便座に座ってふと目線を下げると鼠蹊部に生温かい感覚。病衣が見る見るうちに真っ赤に染まっていった。

恐れていた出血。

すぐさま車椅子で病室へ戻り、止血処置しまたまた二時間の絶対安静。

これを二度ほど繰り返しようやく出血が完全に止まった。

その頃、担当医からの手術の説明。

頻脈を起こす原因箇所が複数あったこと。

その中でも一番問題だった箇所はしっかり処置できた。

他の箇所は、正常の心拍を保つための伝達箇所が近すぎるため、処置できなかったことを説明された。

完全ではなく96%の処置成績だった。

96%って...

まずは今まで苦しんで来た頻脈発作に関しては、ほぼ無くなるだろうと言われ、少し安心した。

これから三カ月から半年、不安定な不整脈や再発の可能性がある。

早く人並みに働きたい。

焦る気持ちと思い通りにいかない体調。

気持ちが折れないように生活していこうと思った。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/5 編集部Pick up!!

  1. 「生体販売の実情」知って複雑
  2. 女性と絡む彼を注意したら逆ギレ
  3. 妊娠6か月 夫とほぼ会話がない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3