ジプシーのひとり旅

異文化の中で育ち成長してきた私の思い出話 〜 西アジア・ヨーロッパ・北米での生活。

  • 記事数 695
  • 読者 329
  • 昨日のアクセス数 877

ジプシーと外科医

しおりをはさむ

2016/09/12 14:34:43

  • 12
  • 0

先生のベッドは大きいキングサイズだった。

私達は、シャワーを浴びる余裕も無い程、お互いを欲しがっていた。
先生は全裸になった私を見て歓喜の声を上げていた。私は何故か恥ずかしいなんて言う感情はなかった。

先生は私の首筋から胸へ唇を移動させた。彼の両手は見事に私の両胸を掴み揉んでいた。同時に乳首を刺激され、我慢出来なくなっていた私は、遠慮なく声を上げ、快感を味わっていた。

ラマン先生は、ふと顔を上げ私の耳元で、

「あの痩せたヒジャブ姿のシアからは想像出来ない程のセクシーな身体だ。嗚呼…最高だ」

と囁いた。


先生が "いやらしい男" の様に私の身体で遊び始めた。


快感が全身を貫いた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 先生は全裸の私を見下ろしながら、私の両脚を拡げた。私の股...

  2. 先生は、耳元、首筋に唇を這わせ私の大きな胸をブラの上か...

  1. 58

    08/24

    竹田先生『限界かも』私『うん』わかっていた。先生とこ...

  2. 光の正体は、他の車のライトだった。私達は、突然の光にビ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/19 編集部Pick up!!

  1. W不倫が10年バレず続く事に驚き
  2. 妊娠後に毎日食べたくなったもの
  3. 「血液型」で性格の不一致あるか

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3