ブログランキング80

ソレンヌさんのブログ

  • 記事数 293
  • 読者 144
  • 昨日のアクセス数 2929

場所問わず...

しおりをはさむ

2016/09/12 01:28:21

  • 9
  • 0

無事に退院が出来、通院生活が始まった。
週の半分は家にいた。
ヒロキ「やっぱり家が落ち着くよ」
ルリ「そうだね。リハビリも頑張ろう!」
荷物を片付け、夕飯を済ませて子供達をお風呂に入れてからヒロキをお風呂へ入れる。これが毎日続く。

ヒロキ「今夜、抱きたいな...」
ルリ「うん。子供達が寝てからね」
お風呂でキスを交わし約束してあがった。
子供が寝た後、ヒロキが誘ってくる。

ヒロキ「ルリ~しよう」
ルリ「後10分まって。片付け終わるから」
ヒロキ「待てない。早く~」

台所で洗い物をしていると後ろから抱きつき胸を触り始めた。
ルリ「ま、待ってって。危ないよ」
服の下から手を入れ乳房を揉み始め、右手は下半身へとスーっと降りていく。
ルリ「だ、ダメだって あぁん あぁぁぁ...」
右手は割れ目を見つけるとパンティーの、上から擦り始め飛び出してきたクリをつまんだり擦ったりする。
ルリ「ヒロ...キ...ダメ...立ってら...れなくな...る はぁぁぁん!」
ヒロキ「もう、ビンビンになってる」
耳元で囁きながら熱い吐息がかかる。手の動きが早くなると、私はヒロキの手にもたれるように動きに合わせる。
ヒロキ「こっち向いて ルリ」
体を捻らせて、ヒロキとキスをする。
ルリ「こ..こじゃ、ダ...メだよ。こ、こど...もが...あぅんあぁぁ」
ヒロキの指はパンティーの横から割れ目に入り、抜き差しを繰り返す。びちゃびちゃと音が聞こえる。
足は震え、声を大きくならないようにと自分の指を噛んで片方の手でヒロキの首に掴まり私は果ててしまった。その場でシンクを支えに立っていると、私のパジャマのズボンを下げ、後ろから割れ目に突き上げてくる。
ルリ「あっん!」
一瞬、のけ反った私の腰を押さえ、下から何度も突き上げてくる。ピチョビチャと音が聞こえてくる。私の汁で濡れた太ももとヒロキの足が当たる度にパンパンと音が聞こえる。
ルリ「あん!あん!あっん!」
痙攣している私は足が震えて支えがないと立てなくなっていて、シンクとヒロキの肉棒が私を立たせてる。
いつもと場所が変わるだけでこんなにも興奮するものなんだと感じていたら、波が襲ってくる。
ピストンは早くなり、
ヒロキ「いく!いくよ!」
ルリ「う、うん。私も....あっん!」
シンクに倒れる様に折り重なったまま二人は果てていく。

ニュルっと抜き出すと私の太ももには白い液と汁が混ざり垂れてる。
ルリ「また、お風呂に入らなきゃ...」
ヒロキ「また、一緒に入ろう 笑」

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 夫婦修復を終え、今までの普通の生活を取り戻そうとしていた矢先...

  2. 結婚生活6年。幸せな日々は続き、子供も二人授かった。あの...

  1. 進展

    09/10

    真顔で聞いたヒロキが顔を寄せてくる。私は少しアゴを上げてヒ...

  2. 夜這いされ、目の前に出された肉棒を久々にみた私はパクリジュ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/10 編集部Pick up!!

  1. 義母に人格否定されていて悲しい
  2. 友「子の前でキスは教育に悪い」
  3. 子が死産 園ママLINEで頭真っ白

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3