オンナって楽しい‼︎

http://enjoy-women-life.com

  • 記事数 39
  • 読者 79
  • 昨日のアクセス数 403

カップル喫茶、初体験の日 1 ーSOさんとの出会いー

しおりをはさむ

2016/09/10 00:31:21

  • 5
  • 0

ドッキドキのカップル喫茶初体験の日、私は未知の世界に飛び込んだことを悟った。

こんな私でも、アンダーグラウンドな世界に足を踏み入れた日がある。

前から、3P、ハプニングバー、おもちゃ、という単語は気になっていた。でも、カップル喫茶なんてものがあるのは知らなかった。

カップル喫茶というものを知ったのは、出会い系サイトでSOさんと出会ったことがきっかけだった。
SOさんは、「ハプバー、カップル喫茶、3P、複数P、おもちゃ」というようなタイトルで掲示板に書き込みをしており、異彩を放っていてとても目立つ投稿だった。ふらふらと誘い込まれ、クリックしてしまった。

書き込みの内容が衝撃的すぎて自分からメッセージを送ることはためらわれたんだけど、足あと機能から、SOさんが私に気づき、「興味ありますか?」とメッセージを送ってきてくれた。
「はい、あります。」と正直に答えた。

SOさんとはその後とんとん拍子に話が進み、ご飯でも食べながら一度話しましょう、となった。
たしか六本木のレストランで話をしたはず。
会ってみてさわやかな人で安心できたので、
思わず「カップル喫茶、連れて行ってください。」と自分から願い出てしまった。

そうして、3年前のとある木曜日、カップル喫茶・オリーブ21に初めて行くことになる。

今は場所は変わっているが、当時オリーブは歌舞伎町の奥の方の雑居ビルに入っており、表に看板もなく、ひっそりと、しかし淫らに営業していた。

表のたたずまいは、普通のバー。本当に普通のバー。
中からはクラブミュージックが聞こえており、ビートがかすかに響いてくる。

ピンポンをおして、店員さんがドアを開けてくれるのを待って中に入ると、そこには短い廊下があり、そこで靴を脱ぎ、荷物や携帯電話を預けて中に入る仕組みになっていた。
SOさんが店員さんと談笑している。さすが常連のSOさん、店員さんとも仲が良いようだ。

中に入ると、コの字型の黒いソファが置いてあって、壁は鏡張りになっている。
その逆側はもうプレイルーム。

入って、プレイルームのあまりの開放感に私は度肝を抜かれた。
だって、ついたてもカーテンも何もないのだ。おまけに、トークスペースとプレイルームの仕切りの壁も、腰より上は壁が無い。すだれが申し訳程度にかかっているだけで、のぞき放題の状態なのだ。

プレイルームは平場になっており、ベッドが並んでいるわけではない。床にマットレスとその上にタオルが敷き詰められており、そこのどこでもエッチができる仕組みになっている。

こんなところでエッチするの・・・?

木曜日なのもあり、他にはカップルが1,2組いるだけだった。
そのカップルさん達も、周りの目は気にせずエッチにはげんでいた。その状況も丸見えなのだ。

想像以上に、すごい場所だった・・・。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 女性専用の性感マッサージに興味があって…ネットの情報を見て...

  2. 私は、そらから送られてきたお墓の写メ、お墓を背にして写した風...

  1. 今住んでいるところは5階建てマンションの5階部分です...

  2. 3月半ばのお城の中は寒い。陽の当たる場所があるとそこでし...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/25 編集部Pick up!!

  1. 彼氏にLINE誤爆され別れを告げた
  2. 誤爆LINEした彼を信用できない
  3. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3