ブログランキング87

母親?人妻?…それでも女。貪欲に生きる私。

ギャンブルも、不倫も、借金もしてます。これが今の私の現状です。

  • 記事数 645
  • 読者 934
  • 昨日のアクセス数 3404

520、求め合う二人

しおりをはさむ

2016/09/09 12:57:30

  • 73
  • 2

私は近くの道の駅を目指した。



道の駅に着いて、中にはいって
色々なお土産を物色していた。
お土産やさんは楽しい!!
さっきまでの喜怒哀楽はどこへ行ったのか、、、
私は、お一人様を楽しんでいた。





のの!!!!
ビクッとなり振り返ると入り口に
はぁはぁと言いながら走ってきた稲田がいる。
そして、私のところまで走ってきて
抱きつこうとしたのを、思いっきり拒否した。
両手で、ドンっと押し返した。
誰が見てるかわかんないのに、しかも
ここは店の中!!
私は、稲田の腕を引っ張り
イスのあるスペースに連れていく。



「早かったね?」
私は笑いながら、稲田の頭を、ぐしゃぐしゃっと
撫でる。
下を向いて顔を両手で覆いながら
「俺、生きた心地しなかったーーーー!!!」
そういいながら、稲田は
キョロキョロと周りを見たと思ったら

軽くキスをした。




「俺は、怒ってる(笑)
他の奴と会おうとしてただろ?
俺に当て付けか??

ののは、俺以外の腕の中でドキドキするのか?」








「しらない、するんじゃない?」
稲田は、私の腕をつかんで
道の駅の外にある、男子トイレに連れていく。
!!!!!!





「ちょ!!ばかじゃない!!」






「しっ!!!」




個室に押し込まれて
壁に挟まれると同時に稲田に唇を塞がれる。


んんんんっっっ!!!!
私は最初は拒否していたけど、ゆっくりと
絡み合う舌の柔らかさに、力が抜け始める。
それと同時に稲田の首に手を回して
もっと!!とせがんでしまっていた。





静まり返る室内に、時折
はぁ、、、
んっ!!
などの声が漏れる。





私たちは、何かを確かめあうように
15分以上、舌と舌を絡ませながら
お互いの体温を求めあっていた。
すでに、私の下半身は濡れていた、、、、













ふと、唇を離して
耳元で囁く。
「俺以外、ののを熱く出来るやつ
いないと思うけど?」
と、いうと、耳の中に舌を入れる。





んあーーーっ!!!
私はトイレと言うことを忘れて
声をあげる。
口を手で塞がれて、抱き締められながら
耳だけを責められる。
もう、砕け堕ちそうになっていた。



子宮がキュンキュンしはじめる。






もっと!!!
もっとしてよ、稲田。
私は強く稲田を抱き締めた。

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. ナタリアさん(37歳)ID:5103428・09/09

    アドリアーナさん

    いつもありがとうございます。

    キスって嫌いだったんですが💦
    変われるものです(^_^)(笑)

  2. アドリアーナさん(48歳)ID:5103215・09/09

    15分以上も熱いkiss❗️
    う・・・羨ましい(≧∇≦)

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/5 編集部Pick up!!

  1. 新居探しで過干渉な義両親が激昂
  2. 態度でかい妊婦でも席譲りたい訳
  3. パニック障がい自力で治したい

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3