まさかの恋愛。

  • 記事数 125
  • 読者 426
  • 昨日のアクセス数 48

2016/09/09 12:12:36

  • 63

こうして流れに任せて結婚する事を認めてもらった。

涼くんの熱も下がり一安心。

◯◯区のマンションは入居抽選が来月。

涼くんの部屋を引き払い私の部屋に住む事になった。

今までは隣とはいえ別々に生活していたので、何か緊張する。

涼くんは相変わらず忙しいし、片付けとかできないので私がやってしまおう。

涼くんには涼くんが出来ること、私には私ができることをやればいい。

そして迎えたマンションの抽選会。

まずは希望の部屋を伝えて重なると抽選になるという仕組み。
担当者の方がうまく調整してくれているからか基本的には抽選にはならないみたい。

子供が出来たら戸建がいい
思っていたし私はそこまで希望は無かったので涼くんに任せっきりだった。

部屋はだいぶ出来ていて、ヘルメットをつければ中を見れた。

希望の部屋を見せてもらいに行ってびっくり。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 動きが止まる私に合わせるように涼の手も止まる涼は、体を離...

  2. 09/09

    急ぎの仕事が入っちゃったよ。えー!涼くんの脇に体温計...

  1. 09/03

    吐いたら少し楽になったのか気持ち悪さは無くなったみたい。...

  2. 「え、あぁ」涼が口ごもる。「涼、言いづらかったらいいから」...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/25 編集部Pick up!!

  1. 悲劇のヒロインぶる友人に失望
  2. 既婚の元彼から電話来てガッカリ
  3. 義母に勝手に封書開けられて不快

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3