まさかの恋愛。

  • 記事数 125
  • 読者 426
  • 昨日のアクセス数 25

2016/09/07 10:24:41

  • 61

涼くんといると胸がキューンっとして辛いの。

好きだから辛いの。
だからもう…

サキおいで。

涼くんは私をヒョイっと抱き布団に連れて行った。

サキ、今夜だけこうしていよう?

いやだよ。
ほかの人にもそうやっていってるんでしょ。

そんなことないよ。
サキ…
サキが好きだよ。
サキ…

涼くんは私の胸に手を入れてきた。

キューンっとして苦しい。

涼くん、やっぱり無理。

涼くんは腕枕をしてくれた。

本当は大好きな涼くん。
涙が止まらなかった。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. いいよ。横になって。今も精一杯はなしてくれたよね。座って...

  2. 突発性難聴になったサキ。思い返せば その兆候があったのに...

  1. 09/13

    タクシーで家に戻り、涼くんを寝かせた。サキ、ありがと。...

  2. サキ姫

    2015/07/30

    「サキ おはよう。起きて・・・」薄目を開けて しらんぷり...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/23 編集部Pick up!!

  1. 「良い義姉」になるためには
  2. 隣人が「庭で焼肉」していて最悪
  3. 既婚同僚「嫁と別れたい」に困惑

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3