まさかの恋愛。

  • 記事数 125
  • 読者 426
  • 昨日のアクセス数 48

それから

しおりをはさむ

2016/09/06 17:55:22

  • 102

私は無気力で毎日仕事に行き帰る生活の繰り返し。

たまに涼くんにあったけど特に話もしなかった。

ぼーっとテレビを観ていたら、涼くんが出てきた。
さすがに見入る。

精神的にボロボロになっていた涼くんを元気にしてくれたのはおかゆだった。と言って、私が作ったおかゆの写真がテレビに公開されていた。

テレビをすぐに消した。

涼くん…

今は私がボロボロだ…
でも涼くんは私が頼れる存在ではない事に気づいた。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 「私ね、涼が好きだったよ、」「うん、」何度もね止めよ...

  2. 「今日は泊まって帰るね。」と涼は言うが、私はそういう訳にはい...

  1. 堤に契約の終了を受諾してもらうまでは涼とは会わないと 決...

  2. 待ち合わせは職場近くの老舗の喫茶店。お店に入ると先に涼がい...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/25 編集部Pick up!!

  1. 7年に渡る不妊治療で泣いた女性
  2. 上の子可愛くない症候群で苛々
  3. がん末期の夫と暮らし精神が病む

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3