まさかの恋愛。

  • 記事数 125
  • 読者 418
  • 昨日のアクセス数 30

2016/09/06 14:33:50

  • 70

私は部屋に入るなりベットに倒れこんだ。

ピーンポーン

無視

ピーンポーン

無視

ラインがきて
部屋入るよ!

返信する力もなくいると玄関の扉が空いた。

サキ?
ごめん!
大丈夫?

こないで!
帰って!
涼くんそばにいると気持ち悪いの治らない!

オロオロしながら水を持ってきてくれた涼くん。

不器用な涼くんが差し出してくれた水はとても美味しかった。

ありがと涼くん…

うん。
サキ本当にごめん。
サキの事だいすきだよ。

そういう事言わないで欲しい。
涼くんに言われると辛いから。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 横になる

    2016/09/01

    いいよ。横になって。今も精一杯はなしてくれたよね。座って...

  2. 2016/09/06

    サキがねぇちゃんの出産についていた時、俺めちゃくちゃ疎外感あ...

  1. 2016/09/03

    涼くんほんとに私何も知らなくて…。うん。それでいい。...

  2. 2016/09/07

    それから俺は全てがどうでもよくなってますます落ち込んだよ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/26 編集部Pick up!!

  1. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  2. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  3. 何もない所で何かを呼ぶ娘が怖い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3