まさかの恋愛。

  • 記事数 125
  • 読者 421
  • 昨日のアクセス数 41

2016/09/06 14:33:50

  • 71

私は部屋に入るなりベットに倒れこんだ。

ピーンポーン

無視

ピーンポーン

無視

ラインがきて
部屋入るよ!

返信する力もなくいると玄関の扉が空いた。

サキ?
ごめん!
大丈夫?

こないで!
帰って!
涼くんそばにいると気持ち悪いの治らない!

オロオロしながら水を持ってきてくれた涼くん。

不器用な涼くんが差し出してくれた水はとても美味しかった。

ありがと涼くん…

うん。
サキ本当にごめん。
サキの事だいすきだよ。

そういう事言わないで欲しい。
涼くんに言われると辛いから。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 俺はサキが好きなんだ。これからって時に転がり込んできやがっ...

  2. キョロキョロしながら体育倉庫に向かった。誰かいるかな〜...

  1. いいよ。横になって。今も精一杯はなしてくれたよね。座って...

  2. 彼が大きくため息をつき暫く目を閉じたままだった。・・・...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/22 編集部Pick up!!

  1. 不倫相手と関係切れていなかった
  2. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  3. 未婚なら複数交際するのはありか

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3