まさかの恋愛。

  • 記事数 125
  • 読者 436
  • 昨日のアクセス数 31

2016/09/05 20:42:24

  • 59

そうだったんだ。
私はもう何も言えないし涼くんを諦めることに時間を使おうと思った。

でも、同じマンション、隣の部屋。
嫌でも会うことは多々ある。

ドアを開けたら涼くんの姿が見えたのでドアを閉めたりエレベーターを遅らせたりそんな生活が嫌になってきた。

すべてのことがどうでもよくなった。

そんなある日、ジムの階からエレベーターに乗った涼くんと会った。

こんばんは!という涼くん

涼くんを見た瞬間涙が止まらなかった。

同じテーマの記事

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/6 編集部Pick up!!

  1. 復縁した彼の上から目線な発言
  2. レシピ通り作った料理に夫の感想
  3. 結婚式するしないで日々ケンカ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3