まさかの恋愛。

  • 記事数 125
  • 読者 420
  • 昨日のアクセス数 58

2016/09/05 20:42:24

  • 58

そうだったんだ。
私はもう何も言えないし涼くんを諦めることに時間を使おうと思った。

でも、同じマンション、隣の部屋。
嫌でも会うことは多々ある。

ドアを開けたら涼くんの姿が見えたのでドアを閉めたりエレベーターを遅らせたりそんな生活が嫌になってきた。

すべてのことがどうでもよくなった。

そんなある日、ジムの階からエレベーターに乗った涼くんと会った。

こんばんは!という涼くん

涼くんを見た瞬間涙が止まらなかった。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 『こんばんはー。』部屋に入れてくれたのは、ユキナの彼...

  2. 理科室、資料室も興味の宝庫でした。フラスコ、試験管、シャ...

  1. was sure having… Girls Time…...

  2. 秋空がひろがってゆうべの嵐を忘れた薄暗い部屋の片隅ラ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/24 編集部Pick up!!

  1. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  2. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  3. 不倫相手と関係切れていなかった

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3