まさかの恋愛。

  • 記事数 125
  • 読者 426
  • 昨日のアクセス数 50

2016/09/05 20:42:24

  • 59

そうだったんだ。
私はもう何も言えないし涼くんを諦めることに時間を使おうと思った。

でも、同じマンション、隣の部屋。
嫌でも会うことは多々ある。

ドアを開けたら涼くんの姿が見えたのでドアを閉めたりエレベーターを遅らせたりそんな生活が嫌になってきた。

すべてのことがどうでもよくなった。

そんなある日、ジムの階からエレベーターに乗った涼くんと会った。

こんばんは!という涼くん

涼くんを見た瞬間涙が止まらなかった。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. めちゃ泣いてしまったから、目がヤバイ!!涼に氷持って来て...

  2. 「私ね、涼が好きだったよ、」「うん、」何度もね止めよ...

  1. だらしないポヤンとした顔になっていたと思う。「リカ可愛い。...

  2. もう1人では歩けない。でも何も言ってくれない涼くん。も...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/26 編集部Pick up!!

  1. 高齢女子ランチ会で被災地支援
  2. がん末期の夫と暮らし精神が病む
  3. 悪い部分が子に遺伝して落ち込む

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3