まさかの恋愛。

  • 記事数 125
  • 読者 426
  • 昨日のアクセス数 49

2016/09/05 20:42:24

  • 59

そうだったんだ。
私はもう何も言えないし涼くんを諦めることに時間を使おうと思った。

でも、同じマンション、隣の部屋。
嫌でも会うことは多々ある。

ドアを開けたら涼くんの姿が見えたのでドアを閉めたりエレベーターを遅らせたりそんな生活が嫌になってきた。

すべてのことがどうでもよくなった。

そんなある日、ジムの階からエレベーターに乗った涼くんと会った。

こんばんは!という涼くん

涼くんを見た瞬間涙が止まらなかった。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. どうやら…そんな時期なんだな...

  2. 侵入者

    2014/10/27

    あの時の衝撃は、今でも忘れられない…部屋や窓には鍵...

  1. ダラダラ歩いていたお陰で、辺りは真っ暗になっていた。も...

  2. 雄治 24

    2014/06/23

    暫く、俺の家に来いよ。豊田さんが怖い。暫く雄治の...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/27 編集部Pick up!!

  1. 義実家で見たありえない出来事
  2. 子に声かけた男性に臨戦態勢の母
  3. 日本は「子育てしにくい」と思う

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3