まさかの恋愛。

  • 記事数 125
  • 読者 419
  • 昨日のアクセス数 47

2016/09/05 20:42:24

  • 58

そうだったんだ。
私はもう何も言えないし涼くんを諦めることに時間を使おうと思った。

でも、同じマンション、隣の部屋。
嫌でも会うことは多々ある。

ドアを開けたら涼くんの姿が見えたのでドアを閉めたりエレベーターを遅らせたりそんな生活が嫌になってきた。

すべてのことがどうでもよくなった。

そんなある日、ジムの階からエレベーターに乗った涼くんと会った。

こんばんは!という涼くん

涼くんを見た瞬間涙が止まらなかった。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. いろいろ妄想したり、心配したり、頭の中で堂々巡りしていても...

  2. ………若島津は慣れた手つきで部屋番...

  1. 微かにコンコンと部屋をノックする音がした薄く目を...

  2. 自宅に戻って玄関に荷物を置いた。まさに血の気が引くとはあ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/22 編集部Pick up!!

  1. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  2. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  3. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3