まさかの恋愛。

  • 記事数 125
  • 読者 421
  • 昨日のアクセス数 44

2016/09/05 20:42:24

  • 58

そうだったんだ。
私はもう何も言えないし涼くんを諦めることに時間を使おうと思った。

でも、同じマンション、隣の部屋。
嫌でも会うことは多々ある。

ドアを開けたら涼くんの姿が見えたのでドアを閉めたりエレベーターを遅らせたりそんな生活が嫌になってきた。

すべてのことがどうでもよくなった。

そんなある日、ジムの階からエレベーターに乗った涼くんと会った。

こんばんは!という涼くん

涼くんを見た瞬間涙が止まらなかった。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 恐る恐る玄関のドアを開けた。...

  2. 155高校生

    2016/03/22

    階段をゆっくり上がるあつしの部屋のドアに手をかけた時...

  1. 突然のことだった。7月も終わりに近付いた日の夕方、エア...

  2. 異動

    2015/01/29

    それから数日後、私は慣れ親しんだ土地を離れた。環境や出会...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/20 編集部Pick up!!

  1. ママ友に苛々した出来事トップ3
  2. 不在時に来た子供が発作起こした
  3. 未婚なら複数交際するのはありか

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3