まさかの恋愛。

  • 記事数 125
  • 読者 427
  • 昨日のアクセス数 48

2016/09/05 20:42:24

  • 59

そうだったんだ。
私はもう何も言えないし涼くんを諦めることに時間を使おうと思った。

でも、同じマンション、隣の部屋。
嫌でも会うことは多々ある。

ドアを開けたら涼くんの姿が見えたのでドアを閉めたりエレベーターを遅らせたりそんな生活が嫌になってきた。

すべてのことがどうでもよくなった。

そんなある日、ジムの階からエレベーターに乗った涼くんと会った。

こんばんは!という涼くん

涼くんを見た瞬間涙が止まらなかった。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 帰る時に点滴室でて熱はかった後診察室まで体温計きえてなかった...

  2. もう1人では歩けない。でも何も言ってくれない涼くん。も...

  1. 09/09

    こうして流れに任せて結婚する事を認めてもらった。涼くんの...

  2. マンションまで歩く時も絶対辛いのに私に頼る事なく帰った。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/29 編集部Pick up!!

  1. 「喫煙席に子供連れ」見て疑問
  2. ママ友が信用出来ずに10kg痩せた
  3. 園の担任と合コン企画するママ友

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3