まさかの恋愛。

  • 記事数 125
  • 読者 431
  • 昨日のアクセス数 29

2016/09/05 19:31:06

  • 63

返事をする気力もなく夜を迎えた

不思議と半月あわなかったが、朝のエレベーターで会った。

やつれた涼くんをみて声をかけずにはいれなかった

涼くん、おはよ。

あぁ。

調子悪そうだね。

うん、胃痙攣が続いていてなんも食ってない。

そうなんだ、お大事にね。

あぁ。

夕方買い物をして帰った。

涼くんの部屋のドアに手紙を挟んだ。

朝になっても手紙は残っていた。

夕方も手紙は残っていた。

8時過ぎ。

涼くんからの着信。

わたしはでなかった。

するとピーンポーン。

仕方なく出る。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 目の前には手紙があった。封筒には韓国陸軍のマークが印刷さ...

  2. 悲しい思い出で……『ミヤさん、私、別れたんです…それだけ...

  1. 恋文を頂いた久しぶりにキチンとした文章で美しい文字にボ...

  2. 史生さんが帰った後に再びインターホンが鳴った。また史生さ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/20 編集部Pick up!!

  1. 運転中にもどかしくなる瞬間
  2. 親に下着用意してもらっていた夫
  3. 不倫相手に「ルール違反」された

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3