まさかの恋愛。

  • 記事数 125
  • 読者 426
  • 昨日のアクセス数 35

2016/09/05 19:31:06

  • 62

返事をする気力もなく夜を迎えた

不思議と半月あわなかったが、朝のエレベーターで会った。

やつれた涼くんをみて声をかけずにはいれなかった

涼くん、おはよ。

あぁ。

調子悪そうだね。

うん、胃痙攣が続いていてなんも食ってない。

そうなんだ、お大事にね。

あぁ。

夕方買い物をして帰った。

涼くんの部屋のドアに手紙を挟んだ。

朝になっても手紙は残っていた。

夕方も手紙は残っていた。

8時過ぎ。

涼くんからの着信。

わたしはでなかった。

するとピーンポーン。

仕方なく出る。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 春恋。23

    2014/11/12

    次の日の朝も靴箱に手紙は入れられていた。今度は私の着替...

  2. 黒ヤギさんからお手紙ついた白ヤギさんたら読まずに食べた...

  1. 前夜にしたのに、なぜか、朝からギンギンな夫君( ´艸`)...

  2. クッキー

    2015/05/22

    クッキーをこれでもかってくらい朝からやいた。山のように出...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/28 編集部Pick up!!

  1. 両方の親の面倒見る事に不安抱く
  2. 「豆腐洗った?」と聞かれ驚き
  3. 日本は「子育てしにくい」と思う

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3