まさかの恋愛。

  • 記事数 125
  • 読者 426
  • 昨日のアクセス数 48

2016/09/05 19:31:06

  • 62

返事をする気力もなく夜を迎えた

不思議と半月あわなかったが、朝のエレベーターで会った。

やつれた涼くんをみて声をかけずにはいれなかった

涼くん、おはよ。

あぁ。

調子悪そうだね。

うん、胃痙攣が続いていてなんも食ってない。

そうなんだ、お大事にね。

あぁ。

夕方買い物をして帰った。

涼くんの部屋のドアに手紙を挟んだ。

朝になっても手紙は残っていた。

夕方も手紙は残っていた。

8時過ぎ。

涼くんからの着信。

わたしはでなかった。

するとピーンポーン。

仕方なく出る。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 史生さんが帰った後に再びインターホンが鳴った。また史生さ...

  2. 09/05

    そうだったんだ。私はもう何も言えないし涼くんを諦めることに...

  1. 「これ、手紙だと思うんですけど、宛名がリカさんですし、辞表と...

  2. 「え、あぁ」涼が口ごもる。「涼、言いづらかったらいいから」...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/25 編集部Pick up!!

  1. 妊婦が「母子手帳ってなに?」
  2. 託児グセある姉に「勘弁して」
  3. 「育て方間違ってる」と感じてる

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3