ブログランキング83

ソレンヌさんのブログ

  • 記事数 291
  • 読者 144
  • 昨日のアクセス数 3252

タイプじゃないけど ~前編~

しおりをはさむ

2016/09/05 17:34:48

  • 10
  • 0

コンパで知り合った男性。

第一印象はタイプと真逆で、会話も弾まないし暇な時間を過ごした2時間。会費も高く来るんじゃなかったと後悔した夜の出来事。

お互い自己紹介をしてからの乾杯。
タイプの人が居なかったので席はすぐに帰れるように端っこに座りお酒を飲みながら時計とにらめっこ。やっと1時間。後1時間は何して過ごそうとか考えながら、周りの会話に適当に相づちを打ち作り笑いをしてやり過ごして、2時間が経った。

「とりあえず1次会は終わりー。二次会いく人ー?」

返事をしなかったのは私だけ。みんな行くらしいけど帰ることを伝え、会場を後にした。

このまま真っ直ぐ帰っても一人だし、携帯で遊べる友達を探しながら駅へと歩いていると

「あのぉ...待ってください」
「ん?誰?」
振り返るとコンパで向かいに座っていた人でした。
「どうかされましたか?二次会に参加するんじゃ?」
「いや、さっきは何も会話出来てなかったし、暇をさせてしまって謝りたいと思って追いかけてきました!」
「えっ?気にしないていいのに笑 元々、人数合わせで呼ばれただけなんで」
「いやいや、会費も払って人数合わせでもひどくないですか?!」
「あぁ、大丈夫です。毎回の事なので。じゃ、お疲れさまでした」

駅に向かおうとすると

「今から二人で飲み直しませんか?僕がおごりますから!」
「はぃ?何言ってるの?二次会行くんでしょ?早く行っておいでよ」
「気になって行けません!それに、人数的にははみ出しなんで断ってきました!」
「あら、私のせいかな?ごめんなさい」
「いえ!それより、飲みに行きましょ!いいBAR知ってるんですよ。隠れ家みたいなお店なんで行きましょ!」

半ば強引に誘われ断れなくなってしまい行くことにしました。
5分くらい歩いた先の路地を曲がった所にそのお店はありました。

「へぇ~、こんな所にあったんだ笑」
「隠れ家みたいでしょ。入りましょ」

雰囲気もよく、会話も弾み楽しいお酒を飲むことが出来ました。時間が経つのは早く、あっという間に3時間が経過して、そろそろ帰ることを話していると

「もぅ、帰るの?もう少し一緒に居たいな」
「楽しい時間をありがとう。私、帰るよ」
「君のこと、もっと知りたくなったんだけど、ダメ?」
「笑 冗談言わないで」
「今夜は予定あるの?」
「無いけど?」
「じゃ、もう少しだけ...ね?」
「わかった。後少しだけね」
「やったー!どこ行く?どこ行きたい?」

無邪気に喜ぶ姿を見て、笑ってしまった。

その後は、カラオケに行き2時間歌いまくって、楽しい時間。ちょっとだけ帰りたくないって思ってたら、顔を近づけてキスをしてきました。私は嫌がらずに彼の舌を受け入れていました。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 飲み会の日、私は結構酔っ払った。次のお店に行くのに歩い...

  2. 今日、ダメ元で彼を飲みに誘ってみた。すんなりオッケー🎵...

  1. 私は暗い気分を誤魔化すかのように飲んでしまった。とは言え...

  2. 一軒目。半個室の居酒屋。ビールから始まりーサラダと焼き...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/8 編集部Pick up!!

  1. 「童顔」で損したこと得したこと
  2. 「結婚を決めたキッカケ」は
  3. 上司の妻のドヤ顔発言に疑問

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3