まさかの恋愛。

  • 記事数 125
  • 読者 427
  • 昨日のアクセス数 17

2016/09/03 18:50:27

  • 76

涼くんは今をときめく青年実業家だった。

そういうことか。

だから外ではぴちっとしてるのに、家ではグターンとしてるのか。

私は純粋に涼くんを好きになった。
青年実業家とは知らずに好きになった。
これからたくさんの障害をクリアにしなくてはいけない。

私が今やらなくてはいけない事はなんだ?






涼くんに元気になってもらうことだ。

その答えが出たらいろいろな事が繋がった。

交際期間0日で結婚しようと言われたり、美味しいものをお土産で良くいただいたと持ってきてくれたり(笑)

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 涼が私のこと「好きだ」とか私が聞いたのは1年半前のことだけど...

  2. またかよ

    2014/07/15

    次の日学校に着いても、涼とまともに目も会わさずにいた...

  1. もう1人では歩けない。でも何も言ってくれない涼くん。も...

  2. 「私ね、涼が好きだったよ、」「うん、」何度もね止めよ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/24 編集部Pick up!!

  1. 電車内で化粧始めた女性に思う事
  2. 捨て時がわからないジップロック
  3. 波乱万丈な人生過ごした今無気力

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3