まさかの恋愛。

  • 記事数 125
  • 読者 418
  • 昨日のアクセス数 22

2016/09/03 17:02:34

  • 64

んもー!
涼くん。。。

サキの言いたい事はわかるよ。
でも、聞かないでくれてるんだよね。

受付の人俺のファンらしいよ。
だから俺に言い寄ってきたんだよ。

おぉ!
涼くんもてるね!
すごいねー!

サキ?
マジでいってる?

うん!

スマホの画面を見せてきた。

それはウィキペディア…。

涼くん?
えー!えー!えー!

そういうこと?

サキしらなかった?

うん。
ただの隣の人。

えーあーその…
こんな実業家に私…

サキそれでいいよ。
それがよかったよ。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 「だって同じアユミ君を好きな者同士、なんか通じるものがあると...

  2. 突発性難聴になったサキ。思い返せば その兆候があったのに...

  1. サキちゃんのニヤリと同時に、俺の脇腹がくすぐられた。「...

  2. 「んっ……んんっ…」奥の奥まで舌を絡めた。泣き...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/22 編集部Pick up!!

  1. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  2. 何もない所で何かを呼ぶ娘が怖い
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3