今でも…好きです

忘れられない彼のこと… いけない想い

  • 記事数 54
  • 読者 41
  • 昨日のアクセス数 20

2016/09/06 15:14:41

  • 8
  • 0

付き合う事にはなったが、ひろ君は部活が忙しい。


会えるのは昼休みと、下校くらい。


ケータイのない私とは、帰宅後連絡は取れなかった。


家の電話はリビングにあった。子機はなぜか両親の部屋。

リビングで彼氏と電話なんて、出来ないというか、したくなかった。




私はひろ君に手紙を書いた。


手紙って言っても、授業中にメモ用紙に書くくらいだけど。


『Dear ひろ君♡

 さっき、体育サッカーだったでしょ。窓から見えたよ-。さすがサッカー部だね、かっこよかった♡
ずっと外見てたら、先生に怒られちゃったよ。

 ひろ君大好きだよ♡

           From セイラ』

こんな感じの、今書いてみると恥ずかしい手紙(笑)



昼休み、手渡した。


初め『?』って感じだったけど


私「恥ずかしいから後で読んで」


ひろ君「ありがとう」


そう言ってくれた。


そして、翌日。


返事ではないけど、ひろ君もルーズリーフの端っこに手紙を書いて、くれた。


ひろ君は、とても綺麗な字を書く人だった。


私は、正直上手いとは言えない…


恥ずかしかったな。


だけど、手紙の交換くらいしかできなかったから、書き続けた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/5 編集部Pick up!!

  1. パニック障がい自力で治したい
  2. 子の発達障害を疑われショック
  3. 誕生日プレゼントは質屋の購入品

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3