まさかの恋愛。

  • 記事数 125
  • 読者 424
  • 昨日のアクセス数 65

2016/09/02 14:26:58

  • 75

40分しても戻ってこないので心配になり家に行ってみた。

玄関空いてる。

涼くんはいるよー。

うん…サキ…
気持ち悪い。
吐きたい…

うんうん。
涼くんの背中をさすり、水を渡した。

サキ、吐いちゃうから坐薬するから向こうに行っていて。

うん。


しばらくすると私を呼ぶ声。

涼くんどした?

胃が痛いー。

胃痙攣かな?
大丈夫だよー。
涼くんの体を抱き寄せ寄り添う。

サ…キ…
ありがと。

うん。

テーブルにカップ麺あったよ?急にカップ麺食べたから胃がびっくりしてるんだよ!
坐薬できた?

できないよ…

だめじゃん!

俺だめだよね。
サキ本当に俺情けない…

横になって。

えっ?

自分で出来るの?

……。

はっきりして。

とりあえず、吐き気止めしよ。
その後熱計って熱次第で解熱剤ね。

はいっ。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 09/13

    タクシーで家に戻り、涼くんを寝かせた。サキ、ありがと。...

  2. 帰るとマリコさんが来てくれていた。今は少しお腹痛いと言っ...

  1. 最後の夜

    2015/05/27

    サキ、ラブホ怖くなったの?うんお家でしよっか。う...

  2. 始めはぎこちなさもあったけど海ではしゃいでるうちにサキち...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/23 編集部Pick up!!

  1. 義弟嫁の家に上がって驚愕した訳
  2. 「孫依存」の母に振り回される
  3. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3