まさかの恋愛。

  • 記事数 125
  • 読者 436
  • 昨日のアクセス数 34

2016/09/01 22:14:08

  • 68

涼くん。
ゆっくり休んでね。
今日の事は一度わすれる。
涼くんが話してくれるまでわすれる。
そう言って私は寝室を出た。

自分の気持ちに嘘をついてるのはわかってる。でも病院で高熱の中何時間も涼くんを待たせてしまったのは私で涼くんに辛い思いをさせてしまったのも私だから涼くんが望むなら涼くんにつくそうと思った。

部屋に戻ると真っ赤な顔をして寝ている涼くん。

首筋を触ると病院の時みたいに熱い。

脇にそっと体温計を挟み、涼くんの頭を撫でた。

涼くんは顔を反対向けたけど、私は顔をくるっと戻した。
涼くん。
顔をそらさないで?

サキ体温計なった…

涼くん?話をそらさないで。

わたしの目には涙がいっぱいだった。

サキ、ごめん。
サキに申し訳なくてサキの顔をみれない。

だったら帰って。
早く帰って。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 俺はサキが好きなんだ。これからって時に転がり込んできやがっ...

  2. 『何やってるんだろう・・・わたし・・・』タクシーの中で ...

  1. 09/14

    帰ると涼くんは帰ってきていなかった。ごはんの準備をしてい...

  2. 09/08

    私も仕事の負荷を減らして涼くんが頑張れる様に努力してみよう。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/10 編集部Pick up!!

  1. 過疎化が激しい地域で悩む子育て
  2. 義母からの土産が捨てにくく困る
  3. 東京都民じゃなくて良かった

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3