今でも…好きです

忘れられない彼のこと… いけない想い

  • 記事数 54
  • 読者 41
  • 昨日のアクセス数 9

2016/09/04 15:04:47

  • 8
  • 0

もうすぐ夏になろうとしていた


何度か一緒に下校したり、廊下で会うと話し掛けてくれて、仲良くなったと思っていた。


もしかしたら、そろそろ… 彼女になれるかも

なんて、期待したりもしていた。




そんな時、ユミが聞いた噂を教えてくれた。


ユミ「工藤先輩て、モテるのに付き合った人いないんだって!なんか、ずっと片思いしてるひとがいるらしくて。でも、セイラ、一緒に帰ったりしてるんだよね?」


私「うん。
  片思いか… まだ好きなのかな ?」


ユミ「ま、噂だから。
  何か聞いてないの?
 それに今、セイラと仲良くなったなら、先輩の気持ちもセイラに向いてるのかもしれないし。」



そんな噂を聞いて、うかれていた自分が恥ずかしくなった。


だけどその日も、部活の見学に行った。


何もない日は、見学に行くようになっていた。


そのままお誘いがあれば、一緒に下校していた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ユミからきいた噂のことがずっと気になっていた。だけど、...

  2. 噂を聞いた日。いつものように、サッカー部の練習を見学し...

  1. 手をつないで歩いていることが、噂にならないわけが無かった。...

  2. ジュンヤ15

    2014/04/15

    ジュンヤのおばあちゃんちに着いてからもやっぱりイライラ。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/20 編集部Pick up!!

  1. 夫の女友達が泊まりに来て引いた
  2. 7年交際で妊娠 彼の態度が変化
  3. 「小さいペット」に名前つけるか

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3