まさかの恋愛。

  • 記事数 125
  • 読者 427
  • 昨日のアクセス数 42

マンション

しおりをはさむ

2016/09/01 14:30:18

  • 60

マンションまで歩く時も絶対辛いのに私に頼る事なく帰った。

エントランスを入りエレベーターが来るまでの間も座り込んでいるのに1人で歩いた。

部屋につき、横になる涼くんに布団をかけて、氷枕とタオルを用意して氷枕を頭の下に入れようと、
頭あげるよー。

いい。いらない!

そっか…

タオルは?

いらない!

そっか…


しばらく無言の2人。

胃が痛むのかたまに苦しそうな顔をする涼くん。
明らかに私の事を避けていたので涼くんに聞いてみた。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. fifth 6

    2014/08/18

    「美しい絞りですね。」婿候補の一人が、あたしの着物を見て...

  2. 『そろそろ戻ってきたら? ずっとここに居るつもりか? 風...

  1. うつ伏せにベッドに寝てマッサージをしてもらっている私の手に先...

  2. 昨日、…久しぶりのリラックスした涼との時間は本当に楽しか...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/27 編集部Pick up!!

  1. 家の中でも常にポシェットする夫
  2. 養子と知られイジメ受けた中学生
  3. 卵子を買って出産した話に嫌悪感

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3