今でも…好きです

忘れられない彼のこと… いけない想い

  • 記事数 54
  • 読者 41
  • 昨日のアクセス数 36

2年生の先輩

しおりをはさむ

2016/09/02 17:06:30

  • 6
  • 0

私たちの所にきてくれた、2年の先輩。


先輩「セイラちゃん?」
どちらかわからなかったようで、私とユミとを交互に見た。


私「はい!私です。」


先輩「八木から話聞いてたよ。俺、(工藤)先輩とは、子供の頃から知ってるから。話してみる?」


私「え。あ…。どうしよ。」

憧れてはいたけど、いきなりの近しい人の登場に、若干うろたえた。


先輩「(笑)ゆっくり考えて。なんかあったら、八木に言ってくれたら、俺、先輩に話してもいいし」


私「はい。ありがとうございます。」


先輩が立ち去った後、急展開に足が震えて座り込んでしまった。


ユミ「ちょっと、大丈夫?」


私「うん。いきなりで、なんか…」


ユミ「ラッキーじゃん!話してもらったらいいじゃん!」


私「う、ん。そう、だよね。」



若干、まわりの女子の視線が怖かった。


後から知ったことだが、私に話しかけてくれた先輩も、人気のある一人だったようだ。




その日の練習が終わって、先輩と目が合った。


と、いうか、お願いしたくて、視線を送っていた。


先輩「決めた?」


私「はい。よろしくお願いします」


先輩「了解!」



その日はドキドキしながら、家に帰った。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 後悔

    09/03

    先輩にお願いすることにしたが…。だけど、家に帰り、少...

  2. サッカー部の友達(八木)に、先輩の事を話した。私「サッ...

  1. 匂い

    09/04

    緊張しながら、工藤先輩の横を歩いた。工藤先輩「俺、セイ...

  2. 昨日と同じ場所に座って、見学することにした。まわりには...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/9 編集部Pick up!!

  1. 義実家に引っ越す気の義弟家族
  2. 「童顔」で損したこと得したこと
  3. 上司の妻のドヤ顔発言に疑問

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3